haru

百万円と苦虫女のharuのレビュー・感想・評価

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)
4.1
100万円貯まったら次の町へ。
それを繰り返す若くてかわいい女の子。

気楽な放浪生活ではなく、ひょんなことから前科持ちになってしまった女性が、自分を探しをしないために続けている生活でした。

いろんな町を訪れ、隠された才能も発見し(笑)、いろんな人と出会い...
自分を探さないためのその旅は、結果的に自分の人生としっかり向き合うことに繋がっていきます。

自分の過去ばかり見て否定する人、自分という人間の中身をしっかり見つめてくれる人、様々な人達と出会うことで、人生において大切なことに気付き、成長していく姿は感動的です。

蒼井優さんの映画は無意識に避けていましたが、ただの食わず嫌いだったと気づかされました。