いちこ

百万円と苦虫女のいちこのレビュー・感想・評価

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)
4.3
鈴子が呟くように言った「(自分を)探さなくたって、嫌でもここにいますから 」というセリフがじんわり胸に残った。

最後に出てくる手紙の文章が好きで、何度も観てる作品。別れと出会いを繰り返しながら、前に進む力をくれる。