gaaaa

リトル・ランボーズのgaaaaのレビュー・感想・評価

リトル・ランボーズ(2007年製作の映画)
3.6
宗教的な縛りで娯楽が禁じられたウィルと、親が不在の中で横暴な兄貴と暮らすカーターの友情コメディドラマ。

この前に「僕らのミライへ逆回転」を観ており、連続して映画作りのストーリーだったのは、偶然か、はたまた必然か?笑

子供がメインの映画だったので、全体的にほんわかした雰囲気。
ランボーを観てからのウィルの変わり様がとにかく可愛い。笑
兄貴に嫌われたくない一心で、空気を読み続けるウィルは、他の子供らと比べてだいぶ大人に感じた。
フランス野郎は、友情を乱すために重要なキーキャラクター。彼も、地元フランスのクラスメイトからはいじめらる立場にあり、彼なりに留学中のイギリスにいる時くらいは羽を伸ばしていたのかな。そう思うと、あれだけリーダー染みたことしてたのが、すごく切ない……。

ラストの短編上映は思わず涙が溢れた。友情っていうのは、一度ズタボロに崩れてしまわないと、本当の意味で深まらないのかなぁと。

荷車を引いて走るチャリの情景や、絵画をくりぬいた様な食卓風景もgood!

今一度、スタンドバイミーを見返そうと思わせる映画だった。