リトル・ランボーズの作品情報・感想・評価

「リトル・ランボーズ」に投稿された感想・評価

流し見.主人公の悪ガキっぽい顔だち.いい子育ちの少年の自立.母親心.親のエゴと子供の自立.好きなことに熱中できる素晴らしいこと.

#リトルランボーズ
ポール

ポールの感想・評価

3.8
めっちゃめちゃ良かった!!
イノセンスな主人公と問題児の少年。
二人の出会いは、お互いの風穴を開けるものになる。
すごく、素直な気持ちにさせられた。
そして、ラストはやはり泣いてしまった。
ぼん

ぼんの感想・評価

4.8
記録

久々の名作に出会った気がする。一度も映画を止めようとは思わなかった〜〜!!

こども独自の空想の世界がちゃんと再現されてるし、彼らなりの再現の仕方が可愛らしくて笑顔になる。危険を予測しきれていないところも彼らっぽいなあという〜

ラストが本当に感動して涙ぽろぽろ、純粋に幸せな気持ちになれる作品
寅さん

寅さんの感想・評価

5.0
落書きやその他小物が一々可愛い
ヤンチャな子と厳しく育てられた真面目な男の子
お前も兄貴もクズだと他の奴らと一緒になっていう
宗教も上辺だけの友達よりも、形だけの家族も
一番傲慢そうなフランスの孤独なおしゃれ番長、他の地味なフランスの子たちも、目に見えるものが真実ではない。
世界は自分たちの周りは、好きな人間だけではないだからイライラもするし本心以外のことも言ってしまう
リー・カーターの顔が性悪そう。
でもこいつも兄貴に愛されたい。
兄貴だけが肉親。友達に酷いことを言われても
良い映画観たらこうなるよな!
人と同じこと出来ないで、自分だけ夢中になるものがある
ラストがやばい
みんなして町ぐるみで
劇中の自主制作映画のアイデアもなかなかだ。
悪のスケアクロウのくだりとか、
最後に笑いながら泣かされる。

ウィル・ポールターはなんちゃって家族の童貞野郎か。
タイトルの誤綴りの意味が最後に分かる!(誤:RAMBOW、正:RAMBO)。邦題もリトル・ランボウズにしちゃえば良かったのに。
映画作りをする少年達のお話。一対一の子供同士の付き合いって、会話もまだ深くないし、真っ直ぐぶつかるスポーティな間柄だからか、最後だけ泣けたけど淡々とサラッと終わった。
こにし

こにしの感想・評価

4.0
最後のシーンが感動。泣ける。
てん

てんの感想・評価

3.8
スタンドバイミー的な、少年2人の友情物語。
親に内緒で冒険をしてみたり、知らない世界をしったり、嘘をついたり、調子付いてやり過ぎちゃったり、子どもの頃にみんな通ってきたような出会いと別れが90分につまってる。
naoto

naotoの感想・評価

3.8
幼少〜少年期に
感じたものを
魅せてくれる映画
uptree

uptreeの感想・評価

4.7
"This has been my best day of all time."
>|