tomomi

哀しき獣のtomomiのレビュー・感想・評価

哀しき獣(2010年製作の映画)
3.9
本当に哀しいストーリーでした。
朝鮮族の事は知らなかったです。
バイオレンスにも二種類あるのかな。
許されない暴力と哀しい暴力。
主人公のキム・グナム (ハ・ジョンウ)の行為は決して許されないけれど、とても哀しい運命だと思う。

キム・ユンソクとハ・ジョンウ。『チェイサー』の時とはまた違う雰囲気でしたね。二人の対決シーンは鬼気迫るものがあり、目が離せませんでした!

気持ちがスッキリする映画では無いけれど、ハ・ジョンウの何とも言えない魅力に魅了させられた140分でした。