シークレット・サンシャインの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • シークレット・サンシャインの作品情報・感想・評価

シークレット・サンシャイン2007年製作の映画)

밀양/ECRET SUNSHINE

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

「シークレット・サンシャイン」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.3
なんだろうこの全体に漂うミヒャエル・ハネケ臭は……不勉強にして韓国のキリスト教の影響力の大きさとかそういうものを知らずに観てしまったので、調べてみて恥じさせられたことを告白しておく。このようなある種キリスト教に真っ向から対決するような映画を撮った勇気は賞賛に値する。とは言え、妙な力みを感じないというかお話自体は淡々と進んで行く。ドキュメンタリー映画的というか……回想シーンを特に挟むこともなく、わざとらしい過剰な演出もなく、なんとなく「厭な空気」を全体に漂わせているあたりがそっくりなような気がしたのだ。まあ、私の映画に関する知識は本当に乏しいのでアテにしないで読んで欲しいのだけれど……ハネケほど極端なロングショットも長回しも使っていないので、これに関してはいつもながら頓珍漢なことを書いてしまっているかもしれない。韓国映画には疎いのでこれからもっと勉強しようと思った次第。力作。好きにはなれないけれど。
nanaki

nanakiの感想・評価

3.8
何かに縋ったって、それで救われるとは限らないし、答えをくれるわけでもない

" みんな嘘よ、嘘よ、嘘よ、嘘なの "

信仰があろうがなかろうが、救われ心穏やかになれるのならそれがいい、それが嘘であっても

悪人も善人も隔てなく、愛を与えるのが神、なんて受け入れ難い現実だ

「 わたしが許してあげようと思ったのに、何故先に許されるのだ、何故、わたしよりも先に許したのだ 」そう言っているように見えた花を捨てるシーン

日常を保つ姿に本当なんてなかった

ただ、ソンガンホのお節介は、最後まで、愛があった

このレビューはネタバレを含みます

 亡くなった旦那さんの田舎町にやってきた主人公とその息子がそこで生活をするけど、息子に悲劇があって宗教に救いを求めるけど、そこでさらにキリスト教の救いが主人公を苦しめる話。

 主人公親子が田舎町にやってきて、そこで狭いコミュニティが少し嫌になりながらも生活していく。主人公のことを好いているというのが伝わってくるソン・ガンホさんの存在感もよくて、主人公のこと見守っているけど、主人公の気持ちとか理解していない姿が愛おしかったです。

 主人公はどっか他力本願な生き方をしていて、映画の最初からそんな感じであまり感情移入できないキャラクター。けど引っ越してきた街での周りの住人たちもあまり良い人間としては描かれていない。そんな生活の中で、土地を買うだの豊かなふりをしていたら、悲劇が起こる。

 そこからキリスト教に救いを求めて、平穏な日々が訪れて、犯人に会いに行くけども。その犯人もキリスト教に入信して自ら赦しを得たと穏やかな日々を過ごしていることを知る。自分が許す前にどうして神様が赦したのかと愛憎入り乱れて混乱していく後半。万引きしたり不倫をしようとしたりして、誘惑した人とエッチしながら空を見上げて「見えてる?」と神様にこんな自分でも罪は赦されるのかと挑発的な行動に出る。

 庭先で髪の毛を切りながら、光が差し込んでいる。光にも神様が宿っていると信じていたけど、果たしてそこに希望の光はあるのだろうかというエンディング。

 ただ個人的には事件が起こるのが開始40分以上すぎてからと、ちょっと遅い展開に感じてしまいました。

 宗教ってとらえようによって真逆になるのが不思議だなと勉強になる映画でした。
OANIL

OANILの感想・評価

3.7
自己愛が強すぎると、皆から必要とされ好かれたい、自分はすげぇ価値があると思ってしまう。
そんな人が陥る最悪の悲劇映画。
自分は世間的に賢い、可愛い、センスがあると本気で思って受け身で生きるやつ、いるよねー。知ってる上限と下限が狭いだけなのにね。「君は至って平凡で中庸だよ」って人沢山いる。
yunikong

yunikongの感想・評価

5.0
ベスト級。非常にロジカルでレベルの高い映画。途中まで「えーそっち方面行っちゃうの?」と不安になったけど、子どもを殺した犯人が『神によって許された』所から一気に展開が変わる。宗教を否定しているわけでもない。それぞれの人にとっての「救い」と「許し」を描いた映画。自分で髪を切るシネの傍で鏡を持ってあげるソンガンホの存在がシークレットサンシャインなのかなとラストシーンは胸が一杯に。
コブラ

コブラの感想・評価

3.8
赦しと癒しと救いについて。

辛辣だなあ、、とも思ったし絶望的状況下での蜘蛛の糸たるナニはひょっとすると底抜けの阿呆なのか?とか妙に納得したり。

ソンガンホの恐るべき愛嬌には脱帽。
大切な人を突然失うと人間ってそんな変わるのか
252.
体調の悪い時に鑑賞すると悪化するレベルの作品だとわかりました(笑)

きつい、しんどい、重い。

神様、信仰に対する矛盾。
神様では救われないレベル。

タイトルとか陽射しとか良かったかなあ。
>|