犬神家の一族の作品情報・感想・評価・動画配信

犬神家の一族1976年製作の映画)

上映日:1976年10月16日

製作国:

上映時間:146分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「犬神家の一族」に投稿された感想・評価

改めて見て気づいたのですが、犬神左兵衛があの人騒がせな遺書を残したのは、子供たちに遺産をめぐる骨肉相食む争いを仕掛けるためだけだったのですね。珠代を遺産相続人に指定したのは、彼女がお気に入りだからではなく、親族の中で一番弱い立場だったから。「戦争」に食い込み莫大な富を築き上げても、何が本当にやりたかったのかわからず、寿命の果てを口惜しがりつつ子孫に強烈な悪意だけを残して逝ってしまう。その絡まった悪意の糸をほぐした金田一が「天使」という意味もわかりました。これも間違いなく反戦映画の一つだと思います。
乙

乙の感想・評価

3.3
コマ送りぽい所や色合いが面白い
有名なシーンは一瞬だけで意外だった

原作より説明が少なく笑ってるシーンのせいで元凶の佐兵衛が余計憎らしく感じた
佐清以外の男親族の緩さが佐兵衛そっくり
2時間を超えるとちょっと苦に感じてしまうけれど、この作品はずっと面白くて、スッと観ることが出来た
言い回しや時代設定が令和の今とは違うところが逆に良かったのかもしれない
我

我の感想・評価

-
ヒヤアよい 
音楽すきだった
Tom

Tomの感想・評価

4.1
シンクロしてる人がいた。
なんか既視感あるなと思ったらナイブズ・アウトに設定が似てた。
こっちが先か、
Yuno

Yunoの感想・評価

4.0
映画を通して日本独特の湿っていて冷たい空気と、祟りや先祖を怖れる気持ちを感じた 次女がひく琴の音の美しさが耳に残る
端役までも演技が映画の雰囲気に合っていて、素晴らしい映画を観た 最後の松子の表情の柔らかさが上手い
佐清がやや太っているのが気になったけれど…
かなりさくさく話が進んでいく。複雑な話だった。リメイク版はかなり前に観たから話を忘れてた。2006年のやつはセルフリメイクらしいから比べてみると面白いかもしれない。
昔の映画にありがちなことなのか、今作だけのことなのか、悲鳴がかなり仰々しい。
はまお

はまおの感想・評価

3.6
面白い。何回も観た。犬神佐兵衛ヤバい。「お母さん佐清です。」って真似してよく遊んでたね。なんなら今でもするね。わかってるんだけど何度見ても面白いのよ。
ドミノ

ドミノの感想・評価

3.8
お勧めされてみたらめちゃくちゃ良かった
古い日本の映画ものってなんで同じ言語で喋ってるはずなのに全然意味わかんないんだろって思ってたけどこの映画はそんな事ないちゃんとわかるし面白い
有名作なので観てみよう!と思い観たんだけど、勝手にハードルを上げすぎたせいか、期待してた感じと違くてあまり気持ちが盛り上がらなかった。
有名な「水面から足が飛び出た死体」が、思ったよりあっさりだったせいかも知れない。

この映画に限らず、「思ってたのと違う」せいで評価が下がってしまうことがよくある。申し訳ない気持ちになる。
>|