Aika

ヒストリー・オブ・バイオレンスのAikaのレビュー・感想・評価

3.8
過ちを犯してしまった過去を変えることはできない。
しかし人は変わることができるのか。

良き父であり、良き夫であるトム。
過去の自分は捨てたと思っていても、心の中にその存在があるからこそ今の幸せを噛みしめることができるのを、彼は気づいていない。
家族に過去を隠し、過去の亡霊に現在を隠す。
その均衡が崩れたとき、悲しいかな暴力という手段をまた選ぶことしかできない。
しかし今度は傷つけるためではなく守るために。

その想いは彼の過去を知った妻や子供に伝わるのか。彼らは夫を父を赦すことができるのか。

答えはあるシーンで観客に委ねられる。
それは希望なのか、一時の安らぎでしかないのか。
私は希望があると信じたい。

タイトルの重みを知り、じわっと内出血した痣を押されたような不快感のある痛みが残った。