ヒストリー・オブ・バイオレンスの作品情報・感想・評価

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.8
デヴィッド・クローネンバーグならではのクールな質感を伴った映像は流石である。だからここからは本当に好みの問題。前半部にもう少し丁寧に伏線を張っておけば……と惜しく思われる。いや、この映画には暴力(=「バイオレンス」)が充満している。主人公がどんな暴力沙汰に手を染めるかは言うまでもないが、息子も苛めに対抗して暴力を振るうしまたダイナーで交わされる世間話も暴力に纏わるものなのだった。セックスも含めて至るところに「暴力」の気配は漂っているが、例えば北野武映画のようにそれが不穏な雰囲気を匂わせる……というところに行かないのはクローネンバーグ監督が結局のところ「生々しい」暴力を描けない限界なのかもしれない。無機質なものを撮ってこそ映える監督が自己矛盾に挑戦したという野心作ではあるが、その野心がどれだけ成功しているかは評価に苦しむところではある。駄作だとは思わないのでこの点数に。

このレビューはネタバレを含みます

すごい映画を観たなという感じ。主人公の過去が重要なポイントであるにもかかわらず、彼の回想シーンなどは一切入れない。これにより最後の最後まで先を読ませないサスペンスとして上質なものに仕上がっている。

しかし、この映画は本当は「ヒーローの否定」を描いているのではないだろうか。主人公は町の人や家族を「暴力」から守ろうとして行動していく。映画的にはヒーロー的行動なのだが、この映画はそのことをヒーロー的には描かない。彼によって殺された無残な死体をしっかりと映す。これは主人公も「暴力」を振るっていることには変わりないということだ。そして、彼のその行動は人を傷つけるだけでなく、自分の家族をも崩壊させていく。「暴力」は悲劇しかもたらさないことが、最後のあの食事シーンが如実に語っている。もう二度と以前の幸せな家庭には戻れない。暴力による見えない傷が家族に残り続けるのだ。
え

えの感想・評価

3.5
クローネンバーグ作品のヴィゴはやっぱりイースタンプロミスかな〜
nakataka

nakatakaの感想・評価

3.3
家族にも街の皆にも愛される主人公。

けど、二人の強盗を射殺したことから、一時は英雄と讃えられるも、主人公の黒歴史が日に日に明らかになっていって、、という内容の映画です。

人の本性は行動で決まります←バットマンより
hidesan

hidesanの感想・評価

3.1
果たして、ジョーイは家族に受け入れられたのか!息子がいじめっ子をボコボコにする場面はスッキリ。ジョーイが悪党をボコボコにするところもスッキリ。
「キモサベ!」
クローネンバーグの所謂“ ナーメテーター物”
内容的には『ジョンウィック』『イコライザー』と同じなれどクローネンバーグが撮るとこうなる。
リアルでいて同時に映画的なケレン味溢れるアクションと人体破壊描写。
顔面への掌底で鼻を潰す。
首を踏み付ける。
撃つ時は必ず頭!
トム(ヴィゴ・モーテンセン)のどう見ても普通の親父ではない冷たく渇いた眼とサイボーグの様な佇まい。
ハッキリ言って誰一人勝てない事はもうわかってるので、全編ひたすら死亡フラグの嵐。
最初の強盗二人組も「あー死ぬな...」エド・ハリスのしつこい「なあジョーイ」攻撃も「あー死ぬな...」ウィリアム・ハート「うちに来い」「あー全員死ぬな...」

原作はグラフィックノベル(漫画)で、映画とは設定がかなり違っていて映画では組織の幹部であるリッチーは原作だとトムと二人で組織の金を奪い、リッチーだけが捕まってトラウマ物の悲惨な姿で再会するのですよね。
二人で強奪作戦を決行する時、自分達をローン・レンジャーになぞらえてトムの事を「キモサベ」と呼ぶのですけど、とっくに死んだと思っていたリッチーが生きていて変わり果てた悲惨な姿で「キモサベ!遅かったな」と言うトラウマシーンは流石のクローネンバーグでも映像化は出来なかったみたいで。
(気になる方は原作読んで下さい)
あとは奥さんのチアリーダーコスプレが強烈だったのと、お約束のいじめっ子ジョックスを異常に強い息子が叩きのめすのも痛快でした。
「キモサベ!」
31monks

31monksの感想・評価

3.0
娘役の演技にイライラした。しれっと正体を妻に明かすシーンは結構怖い。ウィリアム・ハートも、ちょっと怖い。
小さな町の飲食店で働きながらひっそりと家族で暮らす主人公。
ある時、店に現れたマフィアを撃退した彼は一躍ヒーローとなった。しかし、彼はまだ家族も知らない一面を持っていて……という内容です。

ミステリアスな設定は面白かったですが、なぜかあまり記憶に残らないのはなぜだろうか。
主人公の奥さんの全裸しか覚えていない(笑

いや、まだありました。
途中で主人公の正体は分かりますが、その時の表情の変化は感心しました。まさに俳優が役から役に移り変わる瞬間を目撃した気持ちでした。役柄を憑依させたというか。

あとは主人公の格闘の際の体のぎこちなさですね。
動作がもっさりしてて、ロード・オブ・ザ・リングのアラゴルンの時よりかっこよさが劣っていたのが悲しくなりました。
やはり彼には剣を持たせるべきですね。
クローネンバーグ、やるやん
Memdnt33

Memdnt33の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストの食卓、家族として受け入れたのか、恐怖から従ったのか
>|