aaaaa

天使行動のaaaaaのレビュー・感想・評価

天使行動(1987年製作の映画)
3.1
先日、西城秀樹さんがご逝去されたとの事で、
生前香港映画に出演した作品を、今回追悼の意を込めてレビューします。

日本の刑事と香港の刑事が麻薬シンジケートをぶっ潰す!ハードアクション作品!
ただ何故西城秀樹さんが何故この作品を選んだのか、謎なくらいなC級作品です。笑
ジャッキー作品とは桁違いの悲しい位の低予算。泣
映画のノリとしては、異様に派手な「西部警察」って感じです。笑

「プロテクター」「霊幻道士」のムーン・リー、日本代表大島由香里、80年代人気だったレディアクションスターまで出演。

ヒデキは日本公開版では、何故か英語の吹き替えになっていて、ご本人の肉声が聞けないのが残念。
80年代のヒデキは、もう目がギラギラしてて、正にヤングマンヒデキ!としか言いようがない位、男の色気ムンムンです。笑
劇中トレーニングに余念がない!徹底的に鍛え上げるヒデキ! 何処でYMCAの振り付けやるか、ドキドキしてたけど残念ながらそういうシーンはありません。笑

例に漏れず相変わらず日本の勘違い演出が炸裂!
劇中、特に必要もないのに、ムーン・リーと熱いラブシーンを演じてたり、正にヒデキ感激ィィーッッ!!な展開です。笑

走行するヘリコプターからぶら下がり、ビルの屋上から飛び降りる等、危険なスタントにも挑戦! 「酔拳」の鉄心ことウォン・チェンリーとガチファイトも披露! 本当に頑張った作品。
ラストヒデキが、敵の罠に嵌りコンクリートで生き埋めになります!
あとは是非ご自身の目で!

ムーン・リーや大島由香里も、女性とは思えないすざましいアクションやりまくりです!
ちなみに「ポリスストーリー3」や「カンフーヨガ」のスタンリー・トン監督が、スタントコーディネーターとして参加してます。

後年バラエティ番組で、この作品をヒデキが振り返っていて、本来やるはずだった危険なスタント(恐らく屋上から飛び降り)をスタントマンに任せたところ、なんとスタントマンが肩から骨が突き出すくらいヤバイ怪我をしてしまい、「あん時やらなくて良かったよぉー! あっはっはー!」と笑い飛ばす辺り、さすがスーパースター! 言うまでもなく、香港映画には二度と出演しなかった...。

この作品撮影中に、ジャッキーが度々撮影現場に訪れ、ジャッキーと大親友になったエピソードも。出来ればジャッキー映画に、チラッとでもゲスト出演してもらいたかったなあ。

今作は今だからこそ、DVDで出して欲しいなと心から思う。
西城さんは、非常に明るくパワフルな方だったので、最後は明るくお別れしたいと思い、今回レビューしました。
謹んで、西城秀樹さんのご冥福をお祈り致します。