ソナチネの作品情報・感想・評価

ソナチネ1993年製作の映画)

上映日:1993年06月05日

製作国:

上映時間:94分

4.0

あらすじ

「ソナチネ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

たけし流フィルム・ノワール、キタノブルーの集大成とも言える作品。

ソナチネとは、音楽用語で分かりやすく演奏しやすい、短いソナタのことだそうだ。
この映画では簡単に人が銃弾で倒れる。まるで紙相撲のように。何気ない日常の中で突然乾いた銃声が鳴り、バタバタと死んでいく。
美しい沖縄の景色には、明らかに異質な現象であるのに、とても自然に暴力が描かれている。

中盤のヤクザたちの夏休みが特に印象的で、子供に戻ったかのようにはしゃぐ大人たち。ここでも銃声が鳴り響く。単調な発砲音が違和感なく溶け込んでいる。その延長線上に描かれる死。まるで、日常と死が同質的であるかのように。
久石譲の音楽と北野武の間が、この狂気の世界を自然に見せているのだろうか?

そして、寺島進、大杉漣、勝村政信と北野組がソナチネ独特の死生観を演じる。彼らの演技がまた自然なのだ。
人間味がある日常の表情と、無表情の対比。
気分が落ち込んでる時に観てはいけない。

「あんまり死ぬの怖がるとな、死にたくなっちゃうんだよ。」
「初めて人殺したのっていつ?」
「高校のときだよ。」
「だれを?」
「俺の親父。」
「なんで?」
「やらしてくれなかったから。」
数え切れない程観てるけど、やっぱ良い

美しい映像、虚無的な(主人公と)映像、焦燥感漂う青、青、青。そこに久石譲の音楽が乗っかり、静かで流麗な雰囲気を作り出してる。更に更にそれを切り裂く銃声!!

不満点として、映像で十分説明出来てた「生と死」ってテーマをセリフでも言っちゃってたのは蛇足感ある。

でも!それを打ち消すだけの良さはある(いつかそれが気にならない未来が来るかも)。
【一言で言うと】
「今際の“夏休み”」

[あらすじ]
組長からの命令により、沖縄にある中松組の抗争の助っ人として舎弟たちと共に沖縄へと出向いた村川。しかし、抗争は収まるどころかますます悪化。事務所を爆破された村川たちは、海岸沿いの空き家へと身を隠すことになる...。

とんでもない傑作。
やっぱり北野武作品のあの雰囲気、メッチャ好きだわ…

『HANABI』を観た頃はあの世界観にただただ振り回されるばかりでしたが、今作に至っては世界観が本当に独特過ぎてまさに快感の域。
大きなドンパチが起こったかと思いきや次のシーンでは砂浜で相撲してはしゃぎあってる...このギャップが異常に心地よくてたまらない。

まさしく“静と動”のオフビート。この水と油のような世界観を丁度いい塩梅に操れる人ってたけし以外ありえないのでは(゚o゚;;...

それに沖縄で組員とダラダラしてる静かなシーンと銃撃戦などの動きのシーンとのメリハリがちゃんとしているのも良いし、たけし演じる村川がしっかりブッとんでるキャラクターなのもメチャクチャゾクゾクする。
特に花火の撃ち合いに便乗してチャカブッ放すシーンがもう最高にイカれてて爆笑しましたね🤣🤣

それから音楽も流石天下の久石譲。彼の彩る音楽からしてあまり似ても似つかないイメージがあるけど、何故ここまで綺麗にマッチするんだ...凄すぎるだろ(^◇^;)

とにかく全体的にはかなり深刻でハードなストーリーなんだけど、そうは感じさせない緩さのギャップに痺れる、まさに“北野武”ならではの映画でした。

超極端に言えば今作は“ヤクザ映画”。
それでも北野武の死生観といい、なぜかドンパチなどの極道という泥臭さに“神秘的”な何かを感じてしまう...こんな稀有な作品を作り上げてしまうのも北野武の“才能”なんでしょうね😌

世界が特に絶賛するのも納得の一作。
確かにこんな映画どの国でも作れないと思う😅
あんまり死ぬの怖がってるとな
死にたくなっちゃうんだよ
深緑

深緑の感想・評価

4.5
こんなん武以外無理。

心・技・体が全部揃っちゃってる。
銭湯

銭湯の感想・評価

4.0
好き ずっとDVD 返せてない 駄目だね もう貰っちゃおうかな?
沖縄の海と夜の青も、襲撃の赤も全てが輝かしい。束の間の骨休みとそのユーモアが、突然のドンパチを引き立てる。死へとまっしぐらの村川、この映画は芸術性も中毒性も高い。
>|