ソナチネの作品情報・感想・評価

ソナチネ1993年製作の映画)

上映日:1993年06月05日

製作国:

上映時間:94分

4.0

あらすじ

「ソナチネ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

たけし流フィルム・ノワール、キタノブルーの集大成とも言える作品。

ソナチネとは、音楽用語で分かりやすく演奏しやすい、短いソナタのことだそうだ。
この映画では簡単に人が銃弾で倒れる。まるで紙相撲のように。何気ない日常の中で突然乾いた銃声が鳴り、バタバタと死んでいく。
美しい沖縄の景色には、明らかに異質な現象であるのに、とても自然に暴力が描かれている。

中盤のヤクザたちの夏休みが特に印象的で、子供に戻ったかのようにはしゃぐ大人たち。ここでも銃声が鳴り響く。単調な発砲音が違和感なく溶け込んでいる。その延長線上に描かれる死。まるで、日常と死が同質的であるかのように。
久石譲の音楽と北野武の間が、この狂気の世界を自然に見せているのだろうか?

そして、寺島進、大杉漣、勝村政信と北野組がソナチネ独特の死生観を演じる。彼らの演技がまた自然なのだ。
人間味がある日常の表情と、無表情の対比。
気分が落ち込んでる時に観てはいけない。

「あんまり死ぬの怖がるとな、死にたくなっちゃうんだよ。」
セリフがおもろいよね。
他の北野作品に比べると個人的にはそんなに
kば

kばの感想・評価

-
ヤクザ相手にデリカシーのない言葉を投げ、興味本意でM16をぶっ放して、出会って数日のくせに後に最愛の人と勝手に塗り替えて自分で恋愛観をこじらせ、酒飲みながらこの出来事を次の男に打ち明けて影のある女を演出してそうな影があるのではなく実はアホ丸出し女幸のことをワシは認めんからな。
これがたけしえいがか
sora

soraの感想・評価

-
怖さと楽しさがマッチしてて面白かった
途中のほのぼの殺し屋遊びが好きでした✨
怖さだけだとザラッとするのですが、最期の一興という感じがなんともいえない。
北野作品多分初めて!
kiki

kikiの感想・評価

3.6
アウトレイジのようなバイオレンスを期待してたのでちょっと違った。
バイオレンスとユーモアと緊張感
「俺運転下手だからさ」が未来の暗示に思えてしまう
ゆっくり走れよ馬鹿野郎
dra

draの感想・評価

-
こんなに笑える作品だと思っていなかった。
それ以外あまり言葉が浮かばない。
良かった。
OGS

OGSの感想・評価

3.8
すごい。死生観への真摯な向き合い、且つ世と個を分かつ歪みが丁寧に描かれている。死に場所についてとても考えさせられる。

また、「アウトレイジ最終章」になぞらせていつつ、歳を重ねた分だけその似通ったシーンの見え方が異なる。
武闘派のヤクザに「あんまり死ぬの怖がるとな、死にたくなっちゃんだよ」と言わせる沖縄でのひととき。あの瞬間が美しくて残酷で本当に優れたセリフだと思う。
>|

あなたにおすすめの記事