さらば友よの作品情報・感想・評価

「さらば友よ」に投稿された感想・評価

電気羊

電気羊の感想・評価

3.8
”美しき狼”アラン・ドロンと”むせ返るダンディズム”チャールズ・ブロンソン主演のクライム・サスペンス。アラン・ドロンは、友人を誤射により殺してしまった戦地帰りの軍医を、チャールズ・ブロンソンは、金に汚い腕利きの軍人を演じている。クリスマスに広告会社の地下金庫から大金を盗み出すために潜入した二人だが、罠により地下に閉じ込められる。当初、反目し合っていた二人だが、やがて友情が芽生えていく。二人は地下から脱出し、罠を仕掛けた犯人を突き止められるのか。う~ん、マンダム。
主演!アランドロン!!
引き立て役!チャールズ・ブロンソン!!

ふたりして、
イェェェ━━(°Д°)━━!!!
言うてはりましたよ。


おしまい。


【余談】
ブログ:黒いTシャツで行く
↓『さらば友よ』レビューはこちら
https://ameblo.jp/kuroitshirt/entry-12444148935.html

今年はまだ5本しか劇場で映画を観てません。みなさんの映画ライフを時々覗いて、いいなー(*´∀`)このやろー♪とニマニマしております。
Luna

Lunaの感想・評価

4.0
イェー!!
本作のアラン・ドロン様は画面に現れた瞬間からカッコイイ。あぁ、ホントに絶世のイケメンだと思った。美しい、そして麗しいのだイェー!
誰かに似ていると思っていたらザック・エフロン。途中からはずっとザック・エフロンに見えた。役柄もザックが演りそうな役だったしイェー!
ツッコミ所が多くてテンポもイマイチだし変なストーリー。100分ガマンして観てたら、残りの10分は面白かったです。
ラストだけならまた観てもいい笑イェー!!!(イェー!連発したくなる笑)
新パッケージ、何を勘違いしている。ブロンソンの顔、小さすぎる!(寒色だけのそれも違う。)
彼が絡み出したら止まらない、ドロン喰いを見せる。金庫破りにミステリー、美人姉妹の恐ろしい画策。
ド・ルーベの音楽が緊張を漲らせる。
フランスらしいナポレオンがミステリーの鍵だ。
唯一無二の2人の男の関係。邦題名に全く偽りはない。
ドロンとブロンソンが男を及第させる佳作。(やや脱走出来ぬ時間が長い。)
1967年キネマ旬報洋画ベスト10位を記す。
Sari

Sariの感想・評価

-
2019/02/21 シネフィルWOWOW
イエー!
途中まで「なんだこのお粗末な映画?」って白けた気持ちで観てたんだけど、ラストシーンをみる価値はある。寧ろあそこだけ何回も観たい笑
アランドロンとチャールズブロンソンという2大スターの共演。ラストの煙草に火・・のシーンは感動的!
ふち

ふちの感想・評価

3.9
アラン・ドロンもいいがやはりブロンソンの良さが光る作品。
2人の関係性も面白く何よりラストがいい。
>|