まめだいふく

アイズ ワイド シャットのまめだいふくのレビュー・感想・評価

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)
3.5
おぉ〜。。。!感嘆。2時間前後の映画に慣れちゃってるから、159分の長尺は大丈夫かなと心配したけど、この緊迫感と主演元夫婦2人のルックスで無問題でした。あと相変わらず静かにしかし確実に恐怖心を煽るBGM&奇妙な世界の完成度の高さ。ちょっとでも安っぽいと一気に覚めちゃうけど、それがない。

しかしこれは離婚するわ(笑)。特にことの発端?となったラリっての喧嘩。。いかなプロ俳優夫婦でも「ほんとにそう思ってるんじゃ?」って疑い始めたらキリがないという点で、この会話は耐えられないでしょう。しかも「あなたはずっと仮面をかぶってる」なんて微妙にトム・クルーズのイメージに近い罵倒(笑)。観る人の理性や精神を揺さぶってくるキューブリック、美しく円満だった映画界屈指のビッグカップルの夫婦関係も揺さぶって壊してやりたかったんじゃ…なんて邪推をしてしまった。というか、観てるこっちの感覚も「この2人はリアルでも夫婦で…でもこれは演技で多分…」と揺さぶられっぱなし。フィクションとノンフィクションの間を行き来させられる。

どちらかというと特異な人を主人公にすることの多い印象があるキューブリックが、本作では普通の夫婦を特異な状況に放り込んで「見えてしまっても目を瞑る。そしてファック」みたいな"夫婦の真理"・一般論的なことを描いてるのが興味深かったです。