ともさん

麗しのサブリナのともさんのレビュー・感想・評価

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)
4.1
麗しのサブリナ
ローマの休日に続くビリー・ワイルダー監督によるヘップバーンの主演作品。
富豪の実業家ララビー家のお抱え運転手の娘のサブリナ(オードリー・ヘップバーン)が、ララビー家の次男デビッド(ウィリアム・ホールデン)に失恋し、パリへ旅立つ。2年後洗練された女性となり帰国する。その美しさに、デビッドばかりかやがて、長男のライナス(ハンフリー・ボガート)をも魅了する。
まさに現代版シンデレラのようなお話。ララビー家の兄弟も素敵な兄弟で、ウィリアム・ホールデン扮する次男は、最初女たらしのようだったが、なかなか兄思いの弟でした。兄役のハンフリー・ボガートは、ヘップバーンの相手としてはちょっと、年齢が‥と思いましたが、やはりこの人は、渋くてカッコいいです。
オードリーの魅力満載で、アカデミー衣装デザイン賞を受賞するだけあって、とてもおしゃれな映画です。映画の中でオードリーがはいていた黒い丈の短いパンツがサブリナパンツとして有名になりました。
サブリナがパリから手紙をよこし、ララビー家で働く者達がみんなで手紙を読むシーンが好きです。
また、作品の中で語られる「月に手を伸ばしているのではない、月が手を差し出しているのです。」「人生は自分の手で掴むのです。恋も同じです。」などのセリフもおしゃれで粋で、大好きです。