NARU

運動靴と赤い金魚のNARUのレビュー・感想・評価

運動靴と赤い金魚(1997年製作の映画)
4.0
貧しい家で暮らす少年アリが、妹の靴を失くしてしまうことから物語は始まる。
新しい靴を買って欲しいなんて言えるはずもなく、2人が出した策略は……?それが、なんとも子供らしくて、可愛い!
親に気付かれないように……という部分に共感を覚えましたね(笑)

靴を失くしただけでこんなにも濃厚なドラマが描けるなんて驚きです。ラストシーンも秀逸、その後の2人の笑顔が目に浮かびます。妹のためによく頑張ったなぁアリくん……。

あ、イランでは、目上の人に発言する時、人差し指を上げるんですね。あんな目でお願いされたら誰も断れないですよ(笑)