運動靴と赤い金魚の作品情報・感想・評価

「運動靴と赤い金魚」に投稿された感想・評価

日本から遠い国のイラン映画『運動靴と赤い金魚』のブルーレイを購入し再レビュー。受賞は逃したが、第71回アカデミー賞でイラン映画史上初めて、外国語映画賞にノミネートされた作品。貧乏な主人公の少年は、妹の靴を失くしてしまい、両親に内緒で学校の時間が被らないのを利用して、1つの靴を交代で履く生活を続ける。兄妹の学校(イランは高校まで男女別学)はそれぞれ離れているので、交代はいつも走る、走る、走る、猛ダッシュの毎日。そんな中、長距離マラソン大会が開催されその3位の商品が靴というストーリー。
ナンの焼き方、リヤカーで回っている塩交換屋、迷路みたいな通学路など、イランの日常生活もよく分かり、貧富の差の激しさが分かる。学力のない父と病気の母との生活はかなり厳しく、たかが靴なのだが、貧しい家庭でけなげに生きる兄妹には大事件。父親と一緒に高級住宅外での仕事で高収入を得たりするが、靴を失くしたことを謝れず状況をうまく説明できない。些細なことで本当にものすごく悩んだり、考えたりするのが子供。あの時こうすればよかったとか、この時はこうしないとだと言えるのは大人だからで、子供は感じたままに行動していく。商品の靴が欲しいからと1位ではなく3位を目指すコミカルや必死さを見ていると、なくしたら買えばいいと簡単に考えている、今の自分の行動が怠慢にさえ思える。マラソン大会の結果の描き方も、イランでの縁起物の金魚と合わせ、笑顔が想像できるラストシーンは秀逸。疲れていた自分にあらためて元気をくれた素晴らしい作品。
ハチ

ハチの感想・評価

3.6
運動靴をなくすっていう展開だけでここまでストーリーを膨らませるのはすごいと思う。
家族の関係について、父と子、兄と妹、などの関係における共感できる特有の懐かしさを感じさせるまるでイランのスタンドバイミーの様な作品。
ちっちゃいとき観た思い出。
HIRO

HIROの感想・評価

3.9
対して面白いアイディアではないが国が違うだけでここまで面白くなる。
道徳の授業で見せてもおかしくない映画だった。

当たり前に物が手に入る便利な世の中だけど、『MOTTAINAI』精神は確実になくなってきてると思った。

とりあえず明日は水筒に水入れて会社に行こうと思います。

でも朝会社に着いたら、野菜ジュース買うルーティンだけは続けたい。
子供の涙には弱いよねー
ポスターもかわいい!
YusakuIto

YusakuItoの感想・評価

4.0
やっぱりそうなるよねって思いながらみるけど、終わり方にやられた。
靴が欲しくなります
簡単な映画だが、
見終わりの感触は簡単ではない。
1つの人間性教育映画。
tomochi

tomochiの感想・評価

4.0
シンプルなストーリーながらもそれぞれのキャラクターの性格や想いがしっかり伝わってきた。
終盤の展開、演出も良かった。
>|