運動靴と赤い金魚の作品情報・感想・評価

「運動靴と赤い金魚」に投稿された感想・評価

日本から遠い国のイラン映画『運動靴と赤い金魚』のブルーレイを購入し再レビュー。受賞は逃したが、第71回アカデミー賞でイラン映画史上初めて、外国語映画賞にノミネートされた作品。貧乏な主人公の少年は、妹の靴を失くしてしまい、両親に内緒で学校の時間が被らないのを利用して、1つの靴を交代で履く生活を続ける。兄妹の学校(イランは高校まで男女別学)はそれぞれ離れているので、交代はいつも走る、走る、走る、猛ダッシュの毎日。そんな中、長距離マラソン大会が開催されその3位の商品が靴というストーリー。
ナンの焼き方、リヤカーで回っている塩交換屋、迷路みたいな通学路など、イランの日常生活もよく分かり、貧富の差の激しさが分かる。学力のない父と病気の母との生活はかなり厳しく、たかが靴なのだが、貧しい家庭でけなげに生きる兄妹には大事件。父親と一緒に高級住宅外での仕事で高収入を得たりするが、靴を失くしたことを謝れず状況をうまく説明できない。些細なことで本当にものすごく悩んだり、考えたりするのが子供。あの時こうすればよかったとか、この時はこうしないとだと言えるのは大人だからで、子供は感じたままに行動していく。商品の靴が欲しいからと1位ではなく3位を目指すコミカルや必死さを見ていると、なくしたら買えばいいと簡単に考えている、今の自分の行動が怠慢にさえ思える。マラソン大会の結果の描き方も、イランでの縁起物の金魚と合わせ、笑顔が想像できるラストシーンは秀逸。疲れていた自分にあらためて元気をくれた素晴らしい作品。
おさら

おさらの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

かなり好きな映画です..。
お兄ちゃんが妹と靴を交換しながら学校に通うところとか、1位になってしまっと時のお兄ちゃんの顔とか、ノートで親にバレないよう靴のことを話すところとか、父親と帰り際「それと妹に靴を」みたいなことを慌ててしっかり言うお兄ちゃんのシーンがすごい記憶に残ってます。

5月のような初夏に見るべき映画だと私は思ってます。
miyu

miyuの感想・評価

3.9
かなり、以前に見た映画。。。

この映画を見た時…

『北の国から』の純が、父さんに買って貰ったボロボロの棄てられた靴を必死で探す場面を、ふと思い出した。。。

随分前のイラン映画ですが…
イランって国が少しだけわかる。。。

学校も男女別々で
朝に女子 昼から男子…と、交代で教室が使われる!
(だから、妹の靴を紛失した後、兄と一つの運動靴を交代で使用出来たんだ)

また、貧富の差が大きい…
父が富裕層のウチに主人公の少年を連れて、仕事を貰いに行く場面があるが…
明らかに貧富の落差がわかる。。。

彼は運動靴の苦悩を親に相談することさえ出来ないのに…💦

メインイベントは、小学校のマラソン大会!

3位の賞品が運動靴とあって、妹の為に俄然ハリキる彼。。。

でも、ラスト はりきりすぎて
優勝!
ビミョーな表情の彼…

痛めた足を水に浸けていると
彼の足に 赤い金魚…
この映像になんか癒されます。。。

ラストにお父さんが…✨✨✨

ワタシが好きなイラン映画です🎬
短くて観やすく飽きない。サクッと見て温か~い気持ちになりたい時にはこの映画がオススメ。心が洗われるようだ。
音楽がとても良い仕事をしている。

境遇は色々だが、皆が自分のできることを一生懸命やって日々生きている。偶然が重なって物語は動いていくが、誰も悪気があってやっている訳では無いから余計に切ない気持ちになる。
最後にあえて自転車の音だけを視聴者に聞かせ、その後の主人公と妹を想像させようとする演出が心憎い。
これに出てくる全部がただしいな
yuna

yunaの感想・評価

4.0
一言で表すとしたら"大人も子供も黙らせるリアル児童文学"でした。
期待せずに観ていたものの、これは名作と言われるべき内容だと感じました( ˙◊︎˙◞︎)◞︎
イラン映画かつ子どもの幼稚な話?と侮ってはなりません。
むしろ子供より大人が観るべき内容かも。私がこれを幼少期に見せられていたらゆとりという言葉とは無縁の世代に成長していたでしょう。イラン映画の破壊力恐るべし。

運動靴と赤い金魚…
自分の周りに靴があったら送りたくなります…彼の住所を教えて下さい…

泣けます。ですが感動の涙というより、言い方が変なのですが"かわいそう"に近い涙かもしれません。

まず、主人公を理解する登場人物がいない。普通の児童文学ならこんな主人公にもっと優しい展開のはずなのに。
彼を導き、寄り添う人がいない。
なんだか主人公に厳しい…
しかしそこがよかった。
ありきたりじゃなくて現実を語っている感じがしました。

靴をなくしてしまった妹。
足の具合が悪い母。
仕事も少なくどこか頼りない父。

こんなにも抱えるものが多い小さな男の子。彼は頭も良く運動もできて仕事の手伝いも親以上に出来る。
しかし、家族は彼の努力にあまり気づかない。いや、それほど全員が自分のことで精一杯で生活に余裕がないということでしょう。一方で学校には、彼の実力を評価してくれる先生がいます。
でも彼が欲しいのは、大切な家族からの評価。
そんな子どもの価値観、貧富の差、イランの文化、そして優しさが詰まっています。

金魚が飾るシンプルながら奥深いラストが何とも良かったです。
とこ

とこの感想・評価

3.2
映画観ているというより一人の子供を追ったドキュメンタリーみたいな感覚。ラスト思わず「えー!」って言った。
うさき

うさきの感想・評価

4.0
めっちゃ良いお兄ちゃん
なんでみんな理解してくれないの……と思ってしまう
green

greenの感想・評価

-
覚えてない
たえこ

たえこの感想・評価

3.0
靴1足でここまで話し引っ張るのすごい。なんだかんだで観ちゃいましたけど。
>|