運動靴と赤い金魚の作品情報・感想・評価

「運動靴と赤い金魚」に投稿された感想・評価

日本から遠い国のイラン映画『運動靴と赤い金魚』のブルーレイを購入し再レビュー。受賞は逃したが、第71回アカデミー賞でイラン映画史上初めて、外国語映画賞にノミネートされた作品。貧乏な主人公の少年は、妹の靴を失くしてしまい、両親に内緒で学校の時間が被らないのを利用して、1つの靴を交代で履く生活を続ける。兄妹の学校(イランは高校まで男女別学)はそれぞれ離れているので、交代はいつも走る、走る、走る、猛ダッシュの毎日。そんな中、長距離マラソン大会が開催されその3位の商品が靴というストーリー。
ナンの焼き方、リヤカーで回っている塩交換屋、迷路みたいな通学路など、イランの日常生活もよく分かり、貧富の差の激しさが分かる。学力のない父と病気の母との生活はかなり厳しく、たかが靴なのだが、貧しい家庭でけなげに生きる兄妹には大事件。父親と一緒に高級住宅外での仕事で高収入を得たりするが、靴を失くしたことを謝れず状況をうまく説明できない。些細なことで本当にものすごく悩んだり、考えたりするのが子供。あの時こうすればよかったとか、この時はこうしないとだと言えるのは大人だからで、子供は感じたままに行動していく。商品の靴が欲しいからと1位ではなく3位を目指すコミカルや必死さを見ていると、なくしたら買えばいいと簡単に考えている、今の自分の行動が怠慢にさえ思える。マラソン大会の結果の描き方も、イランでの縁起物の金魚と合わせ、笑顔が想像できるラストシーンは秀逸。疲れていた自分にあらためて元気をくれた素晴らしい作品。
エ

エの感想・評価

3.9
お兄ちゃんのマラソンシーンは思わず集中して見ちゃう
最後描かれないけど、お父さんからのプレゼントに喜ぶシーンとかも見たかったな
けんと

けんとの感想・評価

4.0
初イランの映画🇮🇷
かーく

かーくの感想・評価

3.8

純粋な兄妹愛と貧しくも前向きに生きる姿に胸打たれた。展開は平凡かもしれないけど、ラストはすごい良いと思った。あと文化もちょっと学べた
YutoTanaka

YutoTanakaの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

子供の思考回路や行動がリアル。確かに可愛いんだけど、、今にも泣きそうな主人公の表情にこっちまで不安になってくる…ラストはもう少しスッキリさせてくれたらいいのに…!
蒼

蒼の感想・評価

4.0
2017/6/7
格差や暮らしぶりの部分で、ちょっと観てるのがつらくなりそうで、でもギリギリでそこまではいかないうちにちょっといいことがあるという不思議な魅力だった。お父さんの不器用さや、兄弟のけなげさも含めて、感動というよりは、胸がつまる映画。でも、そこに赤い靴と金魚のイメージがものすごくきいていて、透明感とかわいらしさがプラスされている印象。最後に赤い金魚をもってくるってすごい感性だ。イランの生活ぶりも興味深かったし、妹ザーラのなんとかわいいこと!美人になるよねぇと見惚れてしまった。
lala

lalaの感想・評価

3.2
お兄ちゃんのあの目って何とも言えない。
弱いと言う表現が正しいのか分からないですが、その目が独特でした。
お金持ちの男の子は絶対しない、ちょっと不安があって、悩みがあって、悲しげで。
反対に妹の目はキラキラして、日本の女の子には居ない、しっかりしていて、もうお母さんのような感じ。
映像には無かったですが、あの子達の喜ぶ顔が浮かび、二人を想像するとこちらも嬉しくなりました。
最後にあの靴擦れは本物だと思ってます。
Cuma

Cumaの感想・評価

3.7
生活の中で 少しずつのこと 純粋な

赤い金魚が頭に住み着く
>|