運動靴と赤い金魚の作品情報・感想・評価

「運動靴と赤い金魚」に投稿された感想・評価

日本から遠い国のイラン映画『運動靴と赤い金魚』のブルーレイを購入し再レビュー。受賞は逃したが、第71回アカデミー賞でイラン映画史上初めて、外国語映画賞にノミネートされた作品。貧乏な主人公の少年は、妹の靴を失くしてしまい、両親に内緒で学校の時間が被らないのを利用して、1つの靴を交代で履く生活を続ける。兄妹の学校(イランは高校まで男女別学)はそれぞれ離れているので、交代はいつも走る、走る、走る、猛ダッシュの毎日。そんな中、長距離マラソン大会が開催されその3位の商品が靴というストーリー。
ナンの焼き方、リヤカーで回っている塩交換屋、迷路みたいな通学路など、イランの日常生活もよく分かり、貧富の差の激しさが分かる。学力のない父と病気の母との生活はかなり厳しく、たかが靴なのだが、貧しい家庭でけなげに生きる兄妹には大事件。父親と一緒に高級住宅外での仕事で高収入を得たりするが、靴を失くしたことを謝れず状況をうまく説明できない。些細なことで本当にものすごく悩んだり、考えたりするのが子供。あの時こうすればよかったとか、この時はこうしないとだと言えるのは大人だからで、子供は感じたままに行動していく。商品の靴が欲しいからと1位ではなく3位を目指すコミカルや必死さを見ていると、なくしたら買えばいいと簡単に考えている、今の自分の行動が怠慢にさえ思える。マラソン大会の結果の描き方も、イランでの縁起物の金魚と合わせ、笑顔が想像できるラストシーンは秀逸。疲れていた自分にあらためて元気をくれた素晴らしい作品。
Eri

Eriの感想・評価

3.4
泣いちゃう
おくと

おくとの感想・評価

3.8
アリは常に眉毛が下がってて、今にも泣きそうな表情やけど、とても強くて賢くて、そして優しい。

ザーラもお兄ちゃんの前ではわがまま言っちゃうけど、ちゃんとお兄ちゃんの靴履いて体育の授業受けて、お兄ちゃんのために家までダッシュで帰ってくるのが、健気で可愛い。

お父さんは情けない感じやったけど、しっかり庭掃除してて安心した笑

最後、お父さんが買ってくれた靴を見て、喜ぶアリとザーラの顔が見たかった!
イラン映画。貧しいけどたくましく生きる子どもたち、家族の素朴な暮らしが描かれる。妹想いのお兄ちゃんと健気な妹とても可愛い。
妹に運動靴をあげるために、マラソン大会で3位になろうとがんばるお兄ちゃんの姿に涙が出てくる。ラストの赤い金魚が不思議な味わい。
素直な気持ちで感動できる作品だった。
にはち

にはちの感想・評価

4.0
主人公を演じた男の子がすげえのなんの。

このレビューはネタバレを含みます

可愛い子供たちを包む超格差社会。

靴を無くしても親に言えない子供たちの生活状況ってもはや地獄だと思うんですよね。
それがこの映画が子供カワユスで終わらないところで、巧い映画。
みお

みおの感想・評価

5.0
めちゃくちゃ好き
colllina

colllinaの感想・評価

3.9
ほっこりできるお話。

アリとザーラが健気すぎて。
まだまだ子どもなのに、家のことを気遣っていて。
私たちからすれば、たかが、運動靴。
アリとザーラには、されど、運動靴。

子どもたちが喋りすぎず、眼で会話しているような間が印象的でした。

イラン映画を初めて観ました。
右から左に書くペルシア文字が新鮮。

文化の違いもあるけれど、
結局、どの国でも子どもの姿は変わらないのだろうと実感しました。
asuka

asukaの感想・評価

4.0
1足しかない、妹の大事な靴をなくしてしまった兄。家は貧しく、なくした事を言えずにいる中マラソン大会の3等賞が靴だと知り、マラソン大会に出場。3等を目指し必死に走る…

初めて観たのは小学生の時。
「そうだよね、せっかく頑張ったのに…」と少し切なくなり、その後「ああ、よかった…!」と笑みがこぼれる結末で安堵。こころ温まる、優しい気持ちになれる映画です。
>|