運動靴と赤い金魚の作品情報・感想・評価

「運動靴と赤い金魚」に投稿された感想・評価

日本から遠い国のイラン映画『運動靴と赤い金魚』のブルーレイを購入し再レビュー。受賞は逃したが、第71回アカデミー賞でイラン映画史上初めて、外国語映画賞にノミネートされた作品。貧乏な主人公の少年は、妹の靴を失くしてしまい、両親に内緒で学校の時間が被らないのを利用して、1つの靴を交代で履く生活を続ける。兄妹の学校(イランは高校まで男女別学)はそれぞれ離れているので、交代はいつも走る、走る、走る、猛ダッシュの毎日。そんな中、長距離マラソン大会が開催されその3位の商品が靴というストーリー。
ナンの焼き方、リヤカーで回っている塩交換屋、迷路みたいな通学路など、イランの日常生活もよく分かり、貧富の差の激しさが分かる。学力のない父と病気の母との生活はかなり厳しく、たかが靴なのだが、貧しい家庭でけなげに生きる兄妹には大事件。父親と一緒に高級住宅外での仕事で高収入を得たりするが、靴を失くしたことを謝れず状況をうまく説明できない。些細なことで本当にものすごく悩んだり、考えたりするのが子供。あの時こうすればよかったとか、この時はこうしないとだと言えるのは大人だからで、子供は感じたままに行動していく。商品の靴が欲しいからと1位ではなく3位を目指すコミカルや必死さを見ていると、なくしたら買えばいいと簡単に考えている、今の自分の行動が怠慢にさえ思える。マラソン大会の結果の描き方も、イランでの縁起物の金魚と合わせ、笑顔が想像できるラストシーンは秀逸。疲れていた自分にあらためて元気をくれた素晴らしい作品。
TK

TKの感想・評価

4.1
妹の靴を失くしてしまったお兄ちゃん。貧乏なので親にも言いだせず、妹に文句を言われながら2人でひとつの靴を共用する日々を過ごす羽目になります。そんなある日、子供マラソン大会の三等賞が運動靴であるという情報を手に入れるお兄ちゃん。教師に涙ながらに優勝を約束し、全力で三等を目指します。

イラン映画では「柳と風」という、少年がガラス板を運ぶだけの映画を観たことがありますが、これも同じ様に大人からしたらしょうもない問題に真剣に悩み頑張る子どもたちを絶妙な空気感で描いていて、まあ一言で言えば最高なんですね。
ラストシーンも本当に美しい。
Nanami

Nanamiの感想・評価

4.0
必死に考えて 泣いて 走って 汗をかく
主人公が可愛い。これぞ健全。

金魚のシーンがみずみずしくて綺麗で
頭から離れない。
はじめてのイラン映画。

子供って失敗すると大抵ないしょにする。
怒こられるのが怖いからかな〜
すぐ怒らず子供に何があったか聞けるお母さんになりたい。
家族の幸せは願わずにはいれないなぁ。

それにしたってあんなに素直に芝居と触れ合えたなら。。
さくら

さくらの感想・評価

4.0
可愛い。
癒される。

胸にギュンギュンくるまでではないけど、お兄ちゃんと妹の純真さに見ててほっこりする。

全てのことに全力で、思わず頑張れ!って応援してしまうような。

そしてそんな純粋で素直な彼らの言動と、彼らの胸中を知らない大人たちから見た現状のチグハグさには少しクスッときた。

ラストはちょっと悲しいけど、その先を想像したらハッピーエンドかなあ。

全体的にとても分かりやすくて最後まで暖かな映画でした。

ただマラソン大会のコース悪路すぎでは。(笑)
あんなの絶対走りたくないぞ。(笑)
yuka

yukaの感想・評価

3.5
最初のみたいに靴を繕ってもらって履いたことなんてないや

コースのアップダウンがなかなかに鬼畜すぎてわろた
そしてお子様達元気すぎ
4キロほぼダッシュやん

金魚は何要素だったの?癒し的な?救い的な?題名に必要やったんかな。
なんか多分期待しすぎてた。
ガーデンテラスで観ようとして時間合わなくて観なかったんだけど映画館で見なくてよかった、、
いい話なんだけど。

お金大事だと思ったし、強く優しくなきゃいかんのだなぁと。
恨みって感情が大きくならないことにすごさを感じた。

エンドロールが1文字も理解できない映画初めてだったわ
sakura

sakuraの感想・評価

4.3
昔一度見た記憶が忘れられずまた見た。
やはりいい映画だと思う。
(1997年、イラン) (2012/10/16 DVDで視聴) 少年アリは、修理してもらったばかりの妹ザーラの靴を失くしてしまう。兄妹はアリの運動靴を2人で代わりばんこ使う生活(人口増加の著しいイランでは男女で学校にいる時間が少しずれているらしい)を始め……。子どもの可愛さは万国共通だと感じた。貧しい生活という普遍的なテーマを扱っていて、とても分かりやすかったように思う。ハッピーエンドではあるが、それをはっきりと見せないのが、奥ゆかしい。 
なんだかなあ、どこか、お涙頂戴的なあざとさを感じてしまうのよね。。
>|