運動靴と赤い金魚の作品情報・感想・評価

「運動靴と赤い金魚」に投稿された感想・評価

日本から遠い国のイラン映画『運動靴と赤い金魚』のブルーレイを購入し再レビュー。受賞は逃したが、第71回アカデミー賞でイラン映画史上初めて、外国語映画賞にノミネートされた作品。貧乏な主人公の少年は、妹の靴を失くしてしまい、両親に内緒で学校の時間が被らないのを利用して、1つの靴を交代で履く生活を続ける。兄妹の学校(イランは高校まで男女別学)はそれぞれ離れているので、交代はいつも走る、走る、走る、猛ダッシュの毎日。そんな中、長距離マラソン大会が開催されその3位の商品が靴というストーリー。
ナンの焼き方、リヤカーで回っている塩交換屋、迷路みたいな通学路など、イランの日常生活もよく分かり、貧富の差の激しさが分かる。学力のない父と病気の母との生活はかなり厳しく、たかが靴なのだが、貧しい家庭でけなげに生きる兄妹には大事件。父親と一緒に高級住宅外での仕事で高収入を得たりするが、靴を失くしたことを謝れず状況をうまく説明できない。些細なことで本当にものすごく悩んだり、考えたりするのが子供。あの時こうすればよかったとか、この時はこうしないとだと言えるのは大人だからで、子供は感じたままに行動していく。商品の靴が欲しいからと1位ではなく3位を目指すコミカルや必死さを見ていると、なくしたら買えばいいと簡単に考えている、今の自分の行動が怠慢にさえ思える。マラソン大会の結果の描き方も、イランでの縁起物の金魚と合わせ、笑顔が想像できるラストシーンは秀逸。疲れていた自分にあらためて元気をくれた素晴らしい作品。
廣野

廣野の感想・評価

4.0
イラン映画。当時の人々の生活が見えてきます。(履いてる靴とか使用しているものとか)
住民の貧しさをなげく映画というよりは、ヒューマンドラマ的な映画かな、と思います。(主観的)

観終わったら、ぜひDVD特典の中にあるキャプチャーもご覧ください!
配役の経緯や決めてが書いてあって面白いです。
もな

もなの感想・評価

3.8
初イラン映画でした。
マラソン大会で三等になって賞品の運動靴を妹にあげるんだ、とお兄ちゃんが奔走する映画です。
この映画は兄弟の絆だけでなく、家族同士または隣家の老夫婦と助け合いながらの生活も表現されています。イスラム教に基づく相互扶助の精神が息づいています。
妹が学校で自分の靴を履いてる女の子を見つけるのですが、その子の父親が盲目のパン売りと知り、兄妹は何も言わず引き返します。靴がなくて本当に困っているのに。
このシーンがあまりに優しさに満ちていて胸打たれます。労わりの心を学びました。
しかし監督としては、これはノスタルジーで作った映画で、消費主義に傾倒し希薄化したイランの伝統的な価値観への批判なのだそう。なるほど。


以下は感想というか馴染みのないものが多数出てきたので、勉強になったことを記録としてまとめます。

まず、イスラム国なので女児が午前授業、交代で男児が午後授業と異性が接触しないような学校のシステムであること。これが物語の軸となっていて面白かったです。女児はみんなディズニープリンセスジャスミンの様な顔立ちで美しいです。ヒジャブの制服はとても品があります。

アリが先生の質問に答える際、人差し指を立てているのは「アッラーの他に神はなし」という事を表しているそうです。

水不足のイメージがあるイランですが、この映画では街中に張り巡らされた水路の止めどない流動が、走りまくってる兄弟と競合して印象的でした。イランはカナート発祥の地らしく昔から水の利用が上手なお国柄のようです。確かに映画中も緑の多い印象でした。
また度々登場した中庭の池ですが、イランでは暑さ対策の為に中庭の池を中心に住宅を作るみたいです。

あと、貧しさ=ゆとりのなさ、
心のゆとり=部屋の乱れ、ではないけど貧しい家庭って部屋の中も綺麗とは言えない印象が個人的にありまして。しかしこの家庭、部屋も物凄く狭いのにかなり整然としていてモノがほとんどない!五人家族なのに本当に綺麗な家でした。これも調べると唐突な来客の多いイランの特徴なのだそうです。

庭師のバイトを探す為に父親のボロい自転車で高級住宅街を走るシーンがありましたが、テヘランでは南北格差があるらしく南部が低所得者、北部を高所得者が暮らすようです。街も高度に発展していました。それにしても格差が激しい印象です。産油国なのでオイルマネーなのか、自動車産業も最近伸びてるようですが20年前の映画なのでわかりかねます。調べ不足。
pape

papeの感想・評価

4.2
昔テレビで見た良い映画。昔はBSでこういう良い映画を何度もやってたなぁ。
綺麗な映像。貧しいのに健気で心の優しい真っ直ぐな子供たち。心温まる素晴らしい映画。イランいいねぇ。この監督の他の作品も見たい
nagisa

nagisaの感想・評価

4.2
なんか可愛い映画なんだ!
タイトルの「運動靴」と「赤い金魚」が効果的に映画を盛り立ててる
記録として
吉備

吉備の感想・評価

3.8
子供が可愛い。
貧困の描写を説教臭くせず自然に写していたのがよかった。
kny

knyの感想・評価

4.0
子ども目線で進むストーリー
かなり好きな感じ
お兄ちゃんの一生懸命な姿とか葛藤とか頑張りにとっても応援したくなる
>|