rico

三つ数えろのricoのレビュー・感想・評価

三つ数えろ(1946年製作の映画)
3.3
むむむむむむ、、、、

ボギーはとても38には見えないし、謎解きとして見るには唐突に展開していくし、話が難しいかはさておき、なんでどの女の人もボギーを惚れ込んでくのかわからず「いや、もう店しめていいんや」「どこが可愛いんや」「いきなり好きに?」とハテナが一杯、たまに起きる口論的なやり取りもなぜ急に口論に?とまたもやハテナで、ハードボイルドだから人が死ぬ事に驚きはしないまでも殺人起きてるのに通報しいひんのやな、、、てかお前も殺しちゃうのかよ、とまあ世界観に入り込めなかったといえばそうなるのだろうな、という事で、頭の中では常に「いつ3つ数えるんだろう?」って事で頭が一杯でした。

これが有名なフィリップ・マーロウか!ってんで何も知らない私が悪い、原作もぜひ読んでみたい