スタンドアップの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「スタンドアップ」に投稿された感想・評価

私なんか、と何度も思った
お前なんか、と何度も言われた
それでも、立ち上がってみようと思った

ジョージーほんとにかっこよかった
このでも共演シリーズ第2弾。「スリー・ビルボード」で共演してたフランシス・マクドーマンドとウディ・ハレルソン、ここでも共演。しかしこの2人もそうだけど、やはりこの映画のベストアクトは文句なしにシャーリーズ・セロン!ほんとにこの女優は…めちゃくちゃ美人なのに女優魂半端ない!この作品は世界初のセクハラの集団訴訟とそれまでの主人公の葛藤、戦いを描いている。簡易トイレのシーンとかはもう完全にいじめ。でもそういうのが当たり前だった時代に、勇気を持って、自分の子供たちを自分で養うために立ち上がった主人公には感服。あまり有名ではないけど隠れた感動作だと思う。
iceman

icemanの感想・評価

3.9
正に Stand up…!

国の謳いは " 自由の国 "
" 自由 " と " 束縛 "

この作品は以前から観るつもりで見過ごしていた作品。

世界初となるセクハラ訴訟を捉えた実話。
その女性の勇気に拍手です。

未だ残る男尊女卑の世…
それは今、映画界などでも起きている問題。

昨日の味方は今日の敵…
それは企業や集団の力で押し潰される…
主人公は歯車が狂い出し孤独を背負う。

差別なく普通に働く事が出来る環境。
それは当たり前なのだが、人間社会には根深いものが残っている様だ。

皆が違う方向性に同調する怖さ…
この作品は、人間、そして社会、企業とは何かを問いかける。
シャリーズは、強いね。
これから彼女は、戦う女性として
現れてくるんやな!
ゆーた

ゆーたの感想・評価

4.2
昨年、アメリカにおいて大物プロデューサーによるセクハラ問題が大きく話題になり、今年行われたゴールデングローブ賞では女優たちが一貫して黒のドレスを着て問題提議し、セクハラ被害を告発する“Mee too”運動が世界規模で起こったのが記憶に新しい。
最近では、韓国でセクハラ問題がニュースに取り上げられている。

1988年の世界初のセクシャル・ハラスメント訴訟の実話を基にした社会派ドラマ。
この裁判がきっかけで、女性をセクハラの迫害から守る法律が世界に広まった。

女性陣の演技が素晴らしかったです!
男性社会で働くシャーリーズ演じるジョージーは、耐えきれなくなり訴訟を起こすが、同僚の女性たちは報復を恐れて賛同せず、ジョージーは孤軍奮闘する。
同僚の気持ちも分かるだけに辛い…。
幼稚ともとれる男性たちの卑劣な言動は本当に酷い。
実際はもっと酷いことが起こってるかもしれないけど。
終盤でのマクドーマンドの眼力ならぬ“顔力”が凄まじい!
演技は「スリービルボード」の方が良かったけど、役ではこっちの方が好きだった。
相当に過酷だろうが、それでも果敢に立ち向かったジョージーの行動に拍手。
原告側に男性、被告側に女性の弁護士と言うのも皮肉じみてて面白い。
RYUYA

RYUYAの感想・評価

4.0
炭鉱で働く女の人の話。
初のセクハラ裁判を巡る女性の人権についての話でもある。
仮設の個室便所ごと男たちに力づくで揺り動かされ、倒されて糞尿まみれにされてしまう女性のシーンはキツかった。
集団に個人で立ち向かう映画は、やっぱりダメだ、大好きだ。
その主演がシャーリーズ・セロンなのがいい。
『モンスター』にしても『マッドマックス』にしても、
ハリウッドでただ一人、体と魂を張る名女優。
そしてなぜか、歳をとるたび若返るミステリー。
苺

苺の感想・評価

3.9
鉱山で働く女性たちとセクハラ問題の実話。
余りにも女性差別的でとても気分が悪い。
ジョージーが強く逞しくてカッコ良かった。
裁判での女弁護士もかなりムカつく!
最後は良かったけど、それまでかなり大変だったろうな〜。
父親も嫌な奴と思ったけど、味方になってくれて良かった。
mie38

mie38の感想・評価

3.8
セクハラに立ち向かうシングルマザーのシャーリーズセロンが強くて逞しく美しかった。
Amber

Amberの感想・評価

3.8
シャーリーズセロンが捨て身の名演でした。
酷すぎるセクハラで目を背けたくなったけど、そういう時期や状況を切り開いてくれた、当時の女性に頭が下がります。
YURIKO

YURIKOの感想・評価

3.8
某ビデオレンタル屋のポップアップで気になり鑑賞。
終盤の父親が、お前たちは自分の娘だったら〜、と語りかけるシーン、号泣した。

ただ、もう少し弁護士ビルの生い立ちとかも掘り下げてほしかったかも!
でも総じていい内容でした。