我等の生涯の最良の年の作品情報・感想・評価

「我等の生涯の最良の年」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

4.1
「素晴らしき哉、人生!」という名作が上映された年、もう1作印象的なアメリカの良心とも言えるような傑作があった。「我等の生涯の最良の年」(原題THE BEST YEARS OF OUR LIVES)だ。その年、作品賞含め、7つのオスカーを獲得したこの作品は、傷ついた人の心とその家族を描いた、ただ普通の人ととしての幸せを願う普遍的な物語だ。帰還兵の心の傷み、生き難さを描いた作品は数多くあれど、その原点的な作品だと思う。華やかさはない。でも深く心に沁みる。地域の人たちから歓喜で迎えられた戦争の英雄であったとしても、蓄積した心の傷はいつまでも消えることなく、普通の日常生活の幸せを得るまでに相当の苦労と時間が必要だった。そのひたむきな日々をじっくり170分かけて誠実に描いている。

見ず知らずの除隊兵3名の人生を絡み合わせ、描いているが、その一人、戦場で負傷して両手を失った兵が義手をつけていると、子供が怖がって逃げ去る。その役を演じたのは本職の俳優ではなく、実際に軍隊の事故で両手を失った負傷兵だった。彼の演技は演技を超えた素朴さと真実味に満ちていて、アカデミー助演男優賞と受賞した。両親は変わらぬ愛で包むが、婚約者は戸惑いを見せる。戦争前と変わらぬ夫婦愛もあれば、冷めてしまうものもあり、心の奥底をきゅっと握られるような様々な日常的悲劇を真っ向から描いている。「ローマの休日」の名匠ウィリアム・ワイラー監督の誠意伝わる傑作だと思う。
shatoshan

shatoshanの感想・評価

4.2
どことなく早春っぽい
ラストや駐車場のキスシーンの奥行きあるショットが粋
kurin

kurinの感想・評価

3.3
三者の復員後の運命は良く描けていると思う。この時期にこの内容が作れたのがすごい。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「我等の生涯の最良の年」
原題「The Best Years of Our Lives」
1948/6/16公開 アメリカ作品 2017-242
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1947年第19回 アカデミー賞作品賞

当時のアカデミー賞最多記録となる9部門を受賞しました。またトーキーになってからの映画の興行成績としてもり風と共に去りぬ」以来の第2位を記録しています。
そのテーマ性、ストーリー展開含めて感動的で勇気付けられる素晴らしい作品だと思います。
淀川長治さん曰く、「本当は最悪の年なんですね。この3家庭を通して、アメリカを見事に見せたんです。うまいんですねぇ。ことに、ハロルド・ラッセルがいいんです。ラッセルは、これでアカデミー賞の助演男優賞と特別賞を獲ったんですけど、素人なんですね。本当に両手が無いんです。本当に傷痍軍人なんです」と。。
本当に素晴らしい作品です。

第二次世界大戦後に市民生活に復帰した復員兵が直面する様々な社会問題を描いた数少ない作品の一つである。アル・スティーブンソンは家族の温かみを再確認し、フレッド・デリーは就職活動をするが上手くいかず、ホーマー・パリッシュは自身の障害に引け目を感じて家族や恋人からも心を閉ざしてしまう。
1946年度のアカデミー受賞映画で、製作者サミュエル・ゴードウィン。ウィリアム・ワイラーの監督、出演者はマーナ・ローイ、フレドリック・マーチ、テレサ・ライト、ダナ・アンドリュース、ヴァジニア、メイヨ、キャシー・オドンネル、ホギー・カーマイケル、、ハロルド・ラッセルで、グラディス・ジョージ、ローマン・ボーネン、スティーヴ・コクラン、ミナ・ゴンベルらが助演する。なお作品賞のほか、ゴールドウィンが製作賞、ワイラーが監督賞、シャーウッドが脚本賞、マーチが主演男優賞、ラッセルが助演男優賞及び特別功労賞を、それぞれ受けている。
犬

犬の感想・評価

4.0
戦闘機

第二次世界大戦終結後
アル、フレッド、ホーマーの3人は、故郷のブーンで暮らす家族のもとへ
両親や妻、子どもたちや恋人と久しぶりの再会を果たすが....

戦後の作品らしい感じ

戦争を経験した彼らの偶然の出会いから起こる様々な出来事
そして、彼らが見つけた新しい人生

見応えあるドラマでした

良いことも悪いことも起こる
変わるものと変わらないもの

仕事と恋とか色んなテーマがあった

辛いこともありますが、再会のシーンが良かった

義手がスゴい
ウィルマがとても良い人だった
皆んなでハメを外す

戦争や後遺症、広島の原爆についても出てきます

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦終戦直後のアメリカのある町を舞台に、境遇の違う3人の復員兵の社会復帰とそれにまつわる家族愛や恋愛を描く。


戦場で負傷し両手を無くしたホーマー。

戦場では多くの勲章を授与されるも、専門的なスキルが無いため再就職が難航するフレッド。

銀行員に再雇用され、自身と同じ立場の復員兵への融資担当となるアル。


PTSD、再就職、世間からの風当たり、など当時の彼ら復員兵の問題が描かれてるけど、どれも割とあっさりでそんなに深刻には描かれてないので、ちょっと物足りない。

だけど家族愛やロマンスの方はしっかり描かれているので観ていて退屈ではないし、取りあえず、全員ハッピーエンドで終わるので後味は良い作品。

ただ両腕を無くしたホーマーと婚約者ウィルマの間にある問題は、あんなやり取りで解決出来るものなのか?ちょっと疑問だったな。。



一つの画面で二つの物語が同時に展開する撮り方が面白かった。

ラストシーン、画面手前ではホーマーの結婚を祝福して彼を取り囲む人々が写り、画面奥では人だかりから離れ、人知れず抱き合うフレッドとヒロインが写される。

この2つのハッピーエンドが同時に画面に写る、幸せな絵面に感動。めっちゃオシャンティ。
1946年アカデミー賞の作品賞はじめとする9部門受賞した作品。
なかでも、戦争で両腕をなくしたハロルド・ラッセル(ホーマー役)は助演男優賞を受賞。
実際に戦争で両腕をなくしての心の乱れ・喜びの表現などは感動的。


物語は、3人の戦場からの帰還兵が出会うところから始まる。
3人は、同じ町に帰還する飛行機に乗り合わせたのだが、銀行員のアル、喫茶店員だったフレッド、戦場で両腕を失って義手しているホーマー。
この3人の家族や恋愛を描いた映画。

しかし、第二次世界大戦が終わった翌年1946年に、このような映画を作ってしまうアメリカとは凄い国。
戦後に抱えた人々の苦悩、希望を謳歌して描いたウイリアム・ワイラー監督の手腕が冴えている。

空爆隊に居たフレッドが持っていた写真(空爆中の写真)で、爆弾の破裂しているところを「空に咲く黒い花」と表現するあたり、上手さを感じた。

3組の家庭ドラマを描いており、2時間52分は、さほど長く感じなかった。

佳作。
>|