我等の生涯の最良の年の作品情報・感想・評価

「我等の生涯の最良の年」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

4.1
「素晴らしき哉、人生!」という名作が上映された年、もう1作印象的なアメリカの良心とも言えるような傑作があった。「我等の生涯の最良の年」(原題THE BEST YEARS OF OUR LIVES)だ。その年、作品賞含め、7つのオスカーを獲得したこの作品は、傷ついた人の心とその家族を描いた、ただ普通の人ととしての幸せを願う普遍的な物語だ。帰還兵の心の傷み、生き難さを描いた作品は数多くあれど、その原点的な作品だと思う。華やかさはない。でも深く心に沁みる。地域の人たちから歓喜で迎えられた戦争の英雄であったとしても、蓄積した心の傷はいつまでも消えることなく、普通の日常生活の幸せを得るまでに相当の苦労と時間が必要だった。そのひたむきな日々をじっくり170分かけて誠実に描いている。

見ず知らずの除隊兵3名の人生を絡み合わせ、描いているが、その一人、戦場で負傷して両手を失った兵が義手をつけていると、子供が怖がって逃げ去る。その役を演じたのは本職の俳優ではなく、実際に軍隊の事故で両手を失った負傷兵だった。彼の演技は演技を超えた素朴さと真実味に満ちていて、アカデミー助演男優賞と受賞した。両親は変わらぬ愛で包むが、婚約者は戸惑いを見せる。戦争前と変わらぬ夫婦愛もあれば、冷めてしまうものもあり、心の奥底をきゅっと握られるような様々な日常的悲劇を真っ向から描いている。「ローマの休日」の名匠ウィリアム・ワイラー監督の誠意伝わる傑作だと思う。
いしが

いしがの感想・評価

3.5
良い話だけど長い。
同時に二つのアレを味わえるという超贅沢な終わり方は好き。
hiyoko

hiyokoの感想・評価

4.3
長い割に楽しめた。
【帰還後の3人の新しい出発】
◉1947年度アカデミー賞作品賞、監督賞(ウィリアム・ワイラー)、主演男優賞(フレデリック・マーチ)、助演男優賞(ハロルド・ラッセル)、脚色賞、編集賞、ドラマ・コメディ音楽賞受賞。
これぞ古き良きアメリカ!という感じのハートウォーミングな物語。同時に『ツイン・ピークス』の新シリーズを見ていたせいもあってか、この作品で何とか平常心を保てた(笑)。
第二次世界大戦が終わり故郷に帰る3人。見ず知らずの彼らがたまたま一緒の飛行機になったことから交流が始まる。アルは妻と2人の子供に恵まれていて、ホーマーは水兵さんで両手を失い義手を着けていて、フレッドはたくさんの勲章を胸にしているが奥さんは浮気者。3人それぞれの事情があり、戦争で負った心の傷や戦後の社会的変化に戸惑いながらも何とか前向きに生きていこうとする。そんな彼らを温かく見守る女性陣たち。アルの奥さんは逞しくて優しいし、ホーマーの婚約者は若いのに彼の義手を愛でる。奥さんには恵まれなかったフレッドも新しい人を見つける。
「あの人たちの結婚を壊してやる!」というエキセントリックな発言もあったりして癒し効果抜群な作品でした。
【following様の鑑賞リストから選んで観てみた】
太平洋戦争が終わった直後のアメリカ。
3人の帰還兵におきた、新聞には載らない悲喜劇。

ホーマーは元海兵。
搭乗艦の撃沈で両腕先を失うも、義手を器用に使いこなし「マッチの着火からビールの栓抜きまで余裕だぜ♪」とにっこり。
しかし、それは戦友との間でのみ、見せられる余裕。
両親やフィアンセから奇異に見られることを怖れるあまり、どう振る舞って良いか分からず萎縮してしまう。周りが気を遣えば使うほど「憐れみはごめんだ」と距離を置いてしまう負のスパイラル。普通がわからず戸惑う双方がつらい。

アルは元歩兵軍曹。
帰還を妻や娘・息子に歓迎されるが、成長した長男からヒロシマに対するリベラルな見解をブツけられ、面食らう。
復職した銀行では副頭取に執り立てられるが、同じ境遇である復員兵への融資を"拒む"立場に着いたことに悩み、後ろめたさを抱くようになる。

フレッドは元空軍大尉。
従軍中は切れ者として名を挙げたが、爆弾落としのスキルを活かせる仕事などあるはずもなく職にあぶれ、かつてのバイト先で、かつての後輩の配下で働くハメに。プライドを殺し傷だらけで働くも、見栄っ張りで夜遊び好きな妻からロコツに見下され、虚無感を深める。
また、戦中の体験から悪夢に苛まれるも、その苦しみを打ち明けられず苦しむ。

遠征先の"非日常"に慣れ、心安らぐはずの故郷"日常"とのズレに戸惑い、悩み、蝕まれてゆく3人が、互いに励まし合い、周囲の人たちと馴染もうと足掻き、本作のタイトルが表す心情にまで到達するドラマは深い感動を呼ぶ。間違いなく。
しかし、見終えた後にホッとした溜め息が出ず、言葉に詰まるのは、幸福な物語の外側に流れる悲惨な物語たちを想像させられるから。
本土を丸焼けにされた当時の日本の方々にとっては、復員兵と故郷の家族との心的距離は、さらに埋めがたいほど離れていた。
それに、『ジョニーは戦場へ行った』のような境遇の人もいたはずで、もう私はほんとにああいうの、考え出すとダメです。

うぅ。

技術的な話に無理矢理引き離すと、印象的なシーンがたくさんあり深く没入できた。
寄ってもウエストショットまでの、一歩引いた画。
それでも、ホーマーの実家のシーンはどれも息をつめて見てしまう緊迫感だし、
ある問題を巡りフレッドとアルが一歩も引かず火花を散らす場面を、シンメトリーな画で見せきる技はシンプルながら効果的。

ホーマーが叔父ブッチとピアノを連弾するところは涙が出た。習得までに掛かった時間、居場所を作ってくれた叔父への感謝、大好きな人たちの前で打ち明けられない本心が、楽し気な音になって流れ出る。
そうそう、BGMによる心情表現も見事。悲しみから歓びから怒りから切なさへ、一連の音楽が導いてくれるので驚いた。ほんとスゴい。

半面、アルとフレッドが各自の問題にブチあたるまでが、冗長に感じた。
登場した時から問題を提示している傷痍軍人ホーマーと比較して、ですけど。
あと、彼らを取り巻く女性たちが演技過剰に感じられ、それが魅力的に映える時もあれば、オーバーに思えて冷める時もあった。こういう映画見慣れてないので、当時のスタンダードな演技がわかんなくって。
なので、私の所感としてマイナス☆1。

約3時間、ちょっと1日では見切れなかったので何日かに分けたけど、
それでも私なんかでは手に負えない、どう言っていいか分からない映画。
観て良かったことは確か。他に得難い映画体験。
そのうえで、何回も見直すのはキツいから、どこかで本作を鑑賞された方々に出会ったら、言葉を交わして理解を深めていきたい。
そのためにも、忘れない一本。
とりあえず「観ました」記録と、言葉をため込んでおくと寝られないので(^^;)、乱文投稿まで。失礼致しました。
そして作品賞第3弾は、第二次世界大戦後の帰還兵たちの苦悩や成長を描いた「我等の生涯の最良の年」。

監督はご存知「ローマの休日」「ベン・ハー」のウィリアム・ワイラー。

3人の帰還兵が同じ軍用機に乗り込む。3人とも初対面だったが故郷が同じだったのですぐに意気投合する。

一人目の男はホーマー。海兵だったが乗船していた空母が攻撃された際に両手を失い、今は特殊な義手を使用していて、故郷には両親や妹そして婚約者が待っているという。

二人目の男はフレッド。元はドラッグストアの喫茶店担当だったが、戦時中は数々の武勲に輝いた空軍中尉。故郷には両親と出征直前に結婚した妻マリーが待っているという。

三人目はアル。年齢は一番上だが階級は下っ端の軍曹。妻と一男一女が彼の留守中を守っているという。酒を飲むと陽気になるおじさんだが、その正体は高級アパートに居を構えるエリート銀行マンである。

さて故郷に戻って早速、家族たちから温かい歓迎を受ける3人。しかし、帰郷前に想像していたのと現実は違っていた。

ホーマーはやはり家族からその義手を奇異な目で見られ、次第に自宅にいるのも居たたまれなくなる。

フレッドは職にあぶれてしまい、元々金遣いの荒かった妻から疎まれるようになり、夫婦間はギクシャクする。

アルは子供たちに日本軍との戦いでの戦利品を自慢して見せるが、逆に子供たちから日本人に対する同情的な意見を言われ、鼻っ柱を折られる始末。

一体、我々は何のためにあの戦争に参加したのだろうか。劇中、そんな台詞は当事者本人たちから直接出てこないが、胸中はまさにそうだったのではないかと思う。

何がすごいかと言うと、アメリカ本国で封切りになったのが1946年11月21日。何と太平洋戦争終結からわずか1年と3か月後。

その時点でPTSD(という言葉が当時あったかはわからないけど)やら戦後の就職難といった非常にタイムリーな題材を扱っているのが驚異。

本作品のキービジュアルは町外れに大量に廃棄された戦闘機の残骸であり、この朽ち果てた銀翼が主人公たちの姿をまさに投影しているように思えた。

戦勝国のアメリカでさえこれだけ色々な人が苦しんでいたというのに、敗戦国だった日本はどれほど戦後大変だったかその苦労は計り知れないと思う。

さて出演はマーナ・ロイ、フレドリック・マーチ、ダナ・アンドリュース、テレサ・ライト、バージニア・メイヨ、ハロルド・ラッセル。

この中でアルを演じたマーチが主演男優賞を、ホーマーを演じた実際に傷痍軍人のラッセルが助演男優と特別賞を獲得する。
でも実質主人公はフレッド役のアンドリュースと、アルの娘を演じたライトなんだけどね。

ちなみにホーマーの叔父さん役でピアノを弾いてた人は役者さんではなく、ホーギー・カーマイケルというプロのミュージシャン。
何とあの「スター・ダスト」の作曲家です。

■映画 DATA==========================
監督:ウィリアム・ワイラー
脚本:ロバート・E・シャーウッド
製作:サミュエル・ゴールドウィン
音楽:ヒューゴー・フリードホーファー
撮影:グレッグ・トーランド
公開:1946年11月21日(米)/1948年6月15日(日)
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.8
第二次世界大戦から復員した同郷の3人の男を中心に、戦後の彼らの運命と現実が描かれている。
結婚して大きい子供もいる父親、新婚の男、戦争で両手を失った婚約者のいる若い男、この3人に待ち受けていた故郷での現状は三者三様である。

戦争でどんなに頑張っても復員し、元の社会で貢献することがそんなに難しいとは…。それぞれが現実とのギャップと自分のプライドに悩む。

敵味方といえど日本の戦後もそうだったのではないかと思った。お国のために戦ったはずなのに、帰ってきたら自分たちの今まで成し遂げたことが無駄だとでも言われる。

それぞれの人間模様、心理描写がわかりやすく描かれていた。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📺✒️📑
1946年アカデミー賞の作品賞はじめとする9部門受賞した作品。
なかでも、戦争で両腕をなくしたハロルド・ラッセル(ホーマー役)は助演男優賞を受賞。
実際に戦争で両腕をなくしての心の乱れ・喜びの表現などは感動的。

物語は、3人の戦場からの帰還兵が出会うところから始まる。
3人は、同じ町に帰還する飛行機に乗り合わせたのだが、銀行員のアル、喫茶店員だったフレッド、戦場で両腕を失って義手しているホーマー。
この3人の家族や恋愛を描いた映画。

しかし、第二次世界大戦が終わった翌年1946年に、このような映画を作ってしまうアメリカとは凄い国。
戦後に抱えた人々の苦悩、希望を謳歌して描いたウイリアム・ワイラー監督の手腕が冴えている。

空爆隊に居たフレッドが持っていた写真(空爆中の写真)で、爆弾の破裂しているところを「空に咲く黒い花」と表現するあたり、上手さを感じた。

3組の家庭ドラマを描いており、2時間52分は長く感じなかった。
佳作。
>|