我等の生涯の最良の年の作品情報・感想・評価

「我等の生涯の最良の年」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

4.1
「素晴らしき哉、人生!」という名作が上映された年、もう1作印象的なアメリカの良心とも言えるような傑作があった。「我等の生涯の最良の年」(原題THE BEST YEARS OF OUR LIVES)だ。その年、作品賞含め、7つのオスカーを獲得したこの作品は、傷ついた人の心とその家族を描いた、ただ普通の人ととしての幸せを願う普遍的な物語だ。帰還兵の心の傷み、生き難さを描いた作品は数多くあれど、その原点的な作品だと思う。華やかさはない。でも深く心に沁みる。地域の人たちから歓喜で迎えられた戦争の英雄であったとしても、蓄積した心の傷はいつまでも消えることなく、普通の日常生活の幸せを得るまでに相当の苦労と時間が必要だった。そのひたむきな日々をじっくり170分かけて誠実に描いている。

見ず知らずの除隊兵3名の人生を絡み合わせ、描いているが、その一人、戦場で負傷して両手を失った兵が義手をつけていると、子供が怖がって逃げ去る。その役を演じたのは本職の俳優ではなく、実際に軍隊の事故で両手を失った負傷兵だった。彼の演技は演技を超えた素朴さと真実味に満ちていて、アカデミー助演男優賞と受賞した。両親は変わらぬ愛で包むが、婚約者は戸惑いを見せる。戦争前と変わらぬ夫婦愛もあれば、冷めてしまうものもあり、心の奥底をきゅっと握られるような様々な日常的悲劇を真っ向から描いている。「ローマの休日」の名匠ウィリアム・ワイラー監督の誠意伝わる傑作だと思う。
青猫

青猫の感想・評価

-
戦争から帰って来た三人の分岐点。
戦争の英雄とは何なのか、社会のあり方が現代社会にも通づる名作。
kaomatsu

kaomatsuの感想・評価

4.0
終戦直後、兵役を解かれて家に帰る3人の帰還兵、フレッド、ホーマー、アル。同じ町に帰るために、たまたま同じ軍用機に乗り合わせたことから始まる3人の固い友情と、社会復帰後のそれぞれの日常生活を通して、戦争が残した爪痕を丁寧かつ繊細に描いた、巨匠ウィリアム・ワイラー監督の傑作。

元大尉のフレッドは、元々は百貨店の販売員。復員後、実家に戻るが、妻は家を出てナイトクラブの仕事を始めてしまっていたため、まずは妻を探すことに。フレッドが勤めていた百貨店は、別資本によって買い取られ、彼は復職に難儀する。青年のホーマーは元水兵。前線での撃ち合いや爆撃にはまったく無縁だったのに、不幸にも艦内で被爆し、両腕を失って鍵爪のような義手を装着している。家族、特に恋人は、変わり果てた自分の両腕を見てどう思うだろうかと、疑心暗鬼は拭えない。元歩兵軍曹のアルは、愛妻と二人の子供が待つ温かい家庭に戻り、無事に銀行員として復職する。アルの愛娘ペギーには、年頃にもかかわらず恋人はまだいない。帰りの軍用機の中で意気投合したフレッド、ホーマー、アルの3人は、それぞれの人生の再出発をきっかけに、ホーマーの叔父がピアノを弾く店で偶然落ち合う。このときアルは、妻ミリーと娘のペギーを同伴。すでに数軒のクラブをハシゴした後、いささかKYな主人の豪遊に付き合わされて呆れ顔の妻娘だったが、ペギーは図らずも、妻のいるフレッドに対して、道ならぬ恋心を抱いてしまう。その後ようやくフレッドが再会した妻マリーは、とにかく見栄っ張りで派手好き。復員後になかなか職に就けないフレッドに対して、次第に嫌気がさしていく。フレッドも同様に醒め始め、そんな心の隙間を埋めるように、ペギーの存在がフレッドの心を占めていく。そして、娘であるペギーが、妻帯である親友フレッドを愛していると知ったアルの複雑な心中。一方ホーマーは、自身が義手であることで好奇の目に晒され、家族や親類から異常なまでに気を遣われるのが耐えられず、自身の殻に閉じ籠ってしまう。恋人のウィルマとはすれ違い始め、ある日、心を開こうとしないホーマーに対して、ウィルマはとうとう別れを告げる。ホーマーとウィルマの関係と、フレッドとペギーの道ならぬ恋の行く末、それを憂慮するアルと妻のミリーの心中やいかに…。それぞれの人生や思惑が、同時に交錯してゆく。

年末になると、なぜか観たくなる作品で、今回で3回目の鑑賞になるのだが、観るたびに、そのポイントが変化している自分に気付く。初鑑賞時はとにかく、戦争の爪痕というものが、こうも日常に直結した形で残り続けるのだろうかと、元軍人たちのほろ苦い人生にやるせなさを感じずにはいられなかったのだが、今回はそれよりも、軍人として兵役を終えた男たちの固い友情と、そんな彼らを気遣い、優しく包み込む女性たちの、緻密にして繊細な男女の機敏や仕草が、ふとした所作や会話の中にぎっしり詰め込まれているのに感じ入った。それらを観るにつけ、男目線で恐縮だが、なぜ男が女を必要としているのかを示唆している作品のようにも思えてくる。やはりそこは、大作だけではないウィリアム・ワイラー監督の、地味ながらも普遍的な人間洞察の賜物と言えるだろう。
Atyang

Atyangの感想・評価

4.4
第二次大戦後を描いているが、普遍的な人間の心を描いていると感じた
ひでG

ひでGの感想・評価

3.5
父の懐かしの旧作DVDシリーズを鑑賞。
「ローマの休日」「ベンハー」の巨匠ウイリアム・ワイラー監督作品。

戦争が終わって2年しか経っていない1947年作品。

戦争から生還して家族の元に帰る男たち。
家族や恋人が迎える。温かい抱擁、涙のキス。
映画はそこがラストシーンでなく、そこから生まれるドラマを追っている。

抱擁して家の中に入った後、どんな会話をするのか、食事は?仕事は?

そんな「生還後」を描くヒューマンドラマ

「我が生涯の最良の年」
このタイトルの重層化を感じてしまう。

家族の元に帰れたことはもちろん「最良」なのだが、
戦争という傷を背負い、そことのギャップに苦しむ人々にとっては、「最悪」の年なのか。

私は、どちらでもないような気がした。
「我が生涯の再スタート」の年、
最良か、最悪かは、これからの彼らの生き様に関わっていくのだろうか。

3人の中では、ホーマーを演じた本物の義手のハロルド・ラッセルが秀逸。
彼が気持ちをふさぎ込ませるあたりは非常に説得力があり、最大な見どころ。

その点、フレッドの話は、やや作為的なものも感じ、落ち着くところ。
ただ、壊れかけた飛行機のシーンは、彼の心情ともマッチして、これも名シーン!

というように、

3人の帰還兵。年代も家族の構成もそれぞれ異なる。
その後を丹念に描くあたりは、さすがの巨匠!


ただ、制作年が1947年。今見ると、結末的にやや物足りない感じもなくもないし、正直もう少し短くても?とは、思っちゃいました、、
ごめんなさい、巨匠!(・_・;

このレビューはネタバレを含みます

○戦争から帰還した三人が、地元では英雄視されずうまくいかない所が三者三様で表現される。

○170分も上映時間を使った割には、という印象は拭えず。要所で印象に残る場面こそあるが、実際に腕を失ったハロルド・ラッセルのみが強烈な印象として残った。
まぁ普通かな?
hal

halの感想・評価

3.9
授業で見た時寝てしまった。
2回目に見たときは寝ることがなかったしいい作品だってわかった。
ホーマー役のあの腕が本物だって知ったときは驚いたもので
nakagawa

nakagawaの感想・評価

3.3
授業の課題で鑑賞。
その当時の女の人に対する価値観がわかった
>|