クリ

SUPER 8/スーパーエイトのクリのレビュー・感想・評価

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)
3.4


フォースの覚醒の監督ということだったので鑑賞。


映画作りをしている仲間たちと撮影をしに行った、とある夜に列車事故に巻き込まれてしまう。

その列車事故はただの事故ではなかった…彼らのフィルムに写っていたものとは…?

みたいな概要で、面白そう!と思いました。

序盤は期待を裏切らないストーリー展開で、見るものの心をつかむのでは?と思います。


登場人物にも魅力があって、主人公ジョーのあどけない可愛いさ、そしてどんどん恋におちていく様子には胸キュン。

エルファニングは素朴さと今後開花するであろうエロスがうまく絡み合ってとても愛らしいし、【映画の中の映画】で演技をする姿には引き込まれた。(これだけのためにこの映画を見てもいいと思う)

映画作りメンバー1人1人に個性があって、みんなが揃うシーンは楽しかったです。(あんな仲間欲しい)


しかし、写っていたものが何なのかが分かりだしてからのストーリーの低速っぷりったら…


正直、早送りで見てもわかるんじゃないかな。ってなりました。そして、他のシーンがあまりにもヒューマン映画のような優しい雰囲気すぎて、いきなりあぁこられると、グロテスクッて思ってしまいますね…


SFを求めたのか、ヒューマン要素を求めたのか…


どっちもうまく取り入れることができていたら、もっと高評価なはず。


けれど、なんだか途中からこの映画を作っているのはこの映画の中にいる子供たちだったりして…なんて思ってしまいました。(いや、実際作品に出演してるからそうではあるんだけど、なんかこう言葉では言い表せないけど)


大人になったこの映画の中の子供たちが懐かしみながら話すのだ。

あの頃遊びで映画を撮っていたよね。これに、ホラッ、こんな要素を入れてさ、これもいれたらっ…?どう?


そして、映画のタイトルはさっ…

スーパーエイト


にするんだ。


みたいな。


そんな見方をしてみると、ほんのり心が温かくなる作品かなぁって思います。