ninjiro

レクイエム・フォー・ドリームのninjiroのレビュー・感想・評価

4.5
人生は欲との戦いだ。
欲とは時に快楽の追求であり、虚栄心であり、コントロール不能の愛である。
人は欲と対峙する時に、何を思うのか。
形ある欲の向こうに人は、愛する人に、家族に、友人に、形を持たない掛け値なしの愛情を注がれる夢を見る。
夢を葬るとき、夢を葬らなければならないとき、人は絶望的な孤独に苛まれる。
一概に善人とは言えないが、あなたにも私にも似た、時に愚かな夢を求める普通の人たちが、弱さ故に孤独と絶望の底に叩き落とされる。
これを見て、欲との戦いに負ける人達を笑えるだろうか。
ほんの少しだけ夢をみたい、その為に人間の尊厳すら無くす事など、本来誰も望んではいないはずだ。
しかし夢の誘惑は終わることはない。
「夢は叶う」と音楽に乗せて歌った映画もあったが、本作は、もしかしたら寝ながらにも夢が叶うかもしれないなどと思う人種に地獄を見せてくれようと放たれた、立木一本削り出しのどデカイ矢かも知れない。
エレン・バースティンの物凄さに刮目!