つん

レクイエム・フォー・ドリームのつんのレビュー・感想・評価

4.0
中毒の怖さをじゅうぶんに表現した映画。
薬物だけでなく、心の隙間を埋めるために人間が必死になる話。
生きていくことへの不安が沸々とわいてきて、とても恐ろしい世界にいるということを実感する。
見るたびに不安感でたまらなくなるのに、時々どんな風に嫌な気持ちになるのか再確認したくて観てしまう。

感情が強烈に反応するから疲れるけど、作品としては、時代を考えても、カメラワーク、音楽、演出、テンポ、演技、全てが素晴らしい。
世界観と色合いも好き。
ただ単に奇をてらったりスタイリッシュに見せようとしたわけでなく、テーマに沿って一貫性がある。

キャストもとても良いのだけど、とにかくエレン・バースティンが素晴らしい。
みていて悲しくなる。心が痛い。
ジャレッド・レトは出演作品選びが良いのか、毎回はまり役に見えるし、毎回次の出演作品が楽しみだと思う役者さん。