ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカの作品情報・感想・評価

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」に投稿された感想・評価

午前10時の映画祭9で

素晴らしかった!!
長い時間なのに全く飽きない。
映像、音楽、ストーリー、役者
全て良かった。ニューシネマパラダイスの曲も大好きで同じ作曲家(エンニオ・モリコーネ)だったのね。

ロバート・デニーロの演技は卓越していたし、デボラの子供時代を演じるジェニファー・コネリーの知的な品性有る美しさには目を見張るものが有った。

パッツィーがペギーにケーキを持って行くシーン、ドミニクが撃たれて死ぬ間際に「滑っちゃった」とヌードルに伝えるシーン、デボラが旧約聖書の一節を変えて告白するシーンなどなど可愛いところ、涙しちゃうところ、素敵なところ、もう伝え切れない見所満載でこういう濃い良い長編大作を観た後は感性が刺激され過ぎてポワワワワーンとしてます。

ロバート・デニーロが渋過ぎ。
大好きな映画の一つにまたなりました。

感性豊かな同じ歳の従兄弟が20代の頃勧めてくれてた理由がよく解りました。やっと観れたよ!やっちゃん!!
スクリーンで観れた幸せを噛み締めてます。この映画の余韻凄い!!
颯

颯の感想・評価

4.6
ギャング映画の枠の中で色々な要素が盛り込まれてるから、時間の長さの割りに無駄なシーンも飽きも全くない。
感動した。
May

Mayの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

宝塚版を見てから見た。
長かった…でも無駄な場面が一つもない
これを宝塚はよく2時間ちょいにまとめたな。
宝塚版はストーリーはわかりやすいけどところどころ宝塚らしいアレンジがあってシーンもカットされてたり付け加えられたりして、演出家の解釈が入ってるから映画見たことある人が宝塚版見ると解釈違い起こしそう。宝塚版ではマックスが自殺するところをしっかり描いたり赤ちゃんすり替え事件をまるっとカットしたり。デボラとジミーは映画だと登場が少ないから宝塚版では場面の追加多め。宝塚版はキャロルと宝石屋の奥さんが別人で、キャロルはマックスの恋人よりの愛人。映画のキャロル役の女優さんと宝塚のキャロル役の朝美絢さんは見た目が超そっくり。
結局、マックスが自殺したのかはちょっとわからない。最後のヌードルスの笑顔は「あの頃は良かった」みたいに昔を懐かしんでる感じだと思うしこの映画の内容そのものがヌードルスが阿片吸って見てる幻覚という可能性も無きにしも非ず。
長かったのとレイプシーンがキツかったので3.5
Anna

Annaの感想・評価

3.7
長かった〜セルジオレオーネの英語初視聴。けどギャング系好きな人にはうってつけの映画。ゴッドファーザーやグッドフェローより、子供の頃の友情をメインにしてる。言葉じゃなくて表情で語るシーンが多くて、俳優はさぞ難しかっただろなと思う。シーンの変わり目が小洒落てる。時代が行ったり来たりして少々わかりにくい
EDM

EDMの感想・評価

3.6
ギャング大河ドラマ。
モリコーネ節全開の音楽に乗ってゆったりと進行していく。
現在から過去を振り返る構成は王道だが、重要な場面を排除して、どうなったかの説明を具体的にしないなど意図的に難解な編集がされている。

徹底して女性の扱いが最低最悪で、有害な男の子に対する女性の冷めた視線も。
明らかにジミー・ホッファをモデルにしたキャラもいたり、アイリッシュマン/スコセッシへの影響も多々。
ぴ

ぴの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ面白いけど結局何が起きたのかよく分からない、、2回観れば分かるのかな?
とにかくデボラがキレイ!最高!
子役みんなうますぎ!最高!
ケーキのシーンかわいい!最高!
子ども時代の話の方が面白いし好き。
主人公がかなりの性犯罪者で車のシーンはキツかったなぁ😢
t

tの感想・評価

4.1
禁酒法時代のアメリカでユダヤ系の悪ガキがワイズガイになるまでのロングストーリー。

4時間弱ということでなかなか手が出にくかったけど1度見始めてしまえばあっという間。

ヌードルスとマックスの出会いからの友情や裏切りをメインに、淡い恋模様や思春期ありがちストーリー多めでマフィア映画だけどそれだけで語れない感じ。

手コキしてもらいにケーキ持ってったら我慢出来ずに食べちゃったり久しぶりの再会でペギーがピギーになってたりエモいし笑える。

ラストは王道の幼馴染と裏切りでの別れだけど本当に大事な友達とは悪さも仕事も一緒にやらないに越したことは無い。
chili

chiliの感想・評価

2.5
パッツィとコックアイが不憫…。都合の良い女しか出てこないのはアウトロー映画あるあるだが結構キツい。
Riko

Rikoの感想・評価

4.2
いつ観たのか思い出せないくらい前に観た。
エリザベス・マクガヴァンはよく覚えてる。
gon

gonの感想・評価

3.8
amazon prime
>|