あらしのよるにの作品情報・感想・評価

「あらしのよるに」に投稿された感想・評価

原作も好きだし絵も綺麗なんですが、二匹があまりにも直ぐに仲良くなる事を不自然に感じてしまいました。

ロミオとジュリエットだとか、縞模様のパジャマの少年どころの話ではないんですよ。
捕食者と被食者な訳ですから。
教育や立場、倫理感以前に、生理的な嫌悪感もあるはず。
また、群れで孤立していたガブはともかく、メイには仲良しの山羊や祖母がいる訳ですよ。

そこがあまりにも都合よく仲良くなってしまった為に、後の展開が全て都合よく見えてしまい…。

それから、仕方がないのかもしれませんがオオカミが悪者になるのも…。
心情的には可哀想ですが、捕食者って別に悪者ではないんですよね。

可愛いシーンや微笑ましいシーンも沢山あったものの、何だか全てが薄い感動の押し付けに見えてしまいました。
子供向けです。
Toppo

Toppoの感想・評価

3.0
確かに映画なんだけど、ずっと絵本の読み聞かせをされているような不思議な感覚。
種別を超えた友情に感動した。まっさらで、純粋で、本当に綺麗な友情。
こんなの子供向けだろ〜と思って舐めてたけど、しっかり泣ける展開だった。
しかし時々「メイとガブってどんだけしぶといんだよ」って突っ込みたくなる辺り、大人になったのかなぁ…
あと、メイが成宮寛貴と知った時は驚いた〜。
今日、レンタルしに行って来たら児童アニメコーナーにありました。大人が見なければならない映画だと思う。ガブの優しさに涙がじわりとあふれました。特別な出会いは、大切にしたいと思います。感動をありがとう。
原作見て泣いたけど映画で泣かなかったのは成長してしまったからか?
灰音

灰音の感想・評価

3.0
狼と山羊、種族を超えた友情の物語。

中盤から後半にかけての、ガブのメイを想う気持ちにじーんとしてしまった…。

ガブ役の中村獅童が上手かったな〜
>|