桔梗F

エイプリル・フールの桔梗Fのレビュー・感想・評価

エイプリル・フール(1986年製作の映画)
2.5
「衝撃のぶっ飛びラスト」特集(--;)

4月1日。金持ちの息子の招待により孤島の別荘に招かれ集った9人の大学生。さっそく盛り上がるパーティに浮かれる若者たち。だが彼らは、一人また一人と姿を消していくのだった…

80年代隆盛を極めたスラッシャー映画に、いきなり致命傷ととどめを刺した大問題作です(;゜∇゜)

主人公マフィの別荘に集まったDQNたちが次々と殺されていくお約束スラッシャーですが…「13金」やら「ハロウィン」などと違って犯人がわかりません。

犯人はキチ○イで数年前に病院を抜け出し失踪したマフィの妹なのか?
友人の誰かか?
それとも本物の殺人鬼?

古井戸の生首、地下室の血痕、首吊りされた友人!深まる謎!増える犠牲者!(゜ロ゜;

ラスト…そのはるか宇宙の彼方まで翔んでいく衝撃オチが待っていました( ;∀;)
これはひどい(´д`|||)

ホラーとしてはタブーオチで、アメリカ公開当時、観客たちは激怒したという(゜m゜;)

オチが決まってその後、今度こそ殺人鬼と思わせてまたへっぽこオチ→能天気で明るいエンドロール(|| ゜Д゜)

これ以後、映画ファンはスラッシャー映画を信じられなくなりスラッシャーは衰退していくのでした…

伝説となった究極のぶっ飛びオチに興味がある方以外はスルーで(^-^;