SBN

マイ・フレンド・フォーエバーのSBNのレビュー・感想・評価

3.8
エリックの家の近くに、ある少年が引っ越してきた。彼の名はデクスターといいHIVに感染していた。初めは彼を警戒するエリックであったが、次第に打ち解けあい、友情を深め合う。
雑草を煎じて特効薬を探してみたり、いじめっ子を返り討ちにしてカートで激走するシーンが少年時代を想起させる。
告別式でエリックとデクスターの靴を交換するシーンで泣かない人はいないと思う。一足は暗闇での道しるべとして、もう一足は2人の未来「ニューオーリンズ」へ向かっている。