マイ・フレンド・フォーエバーの作品情報・感想・評価

「マイ・フレンド・フォーエバー」に投稿された感想・評価

【母親のラストの熱演…人生の一本】
少年と、HIVを抱える少年との命の友情物語。クスっと笑える少年あるある満載で決して暗くない。涙腺崩壊必至、ラストの母親の熱演はもはや伝説。

原題は「The Cure」。25歳で天逝したブラッド・レンフロの13歳時の主演作。他出演に『ジュラシック・パーク』ジョセフ・マッゼロ、『奇蹟の輝き』アナベラ・シオラなど。監督はピーター・ホルトン。

ある日、エリック(ブラッド・レンフロ)の家の隣に引っ越してきたHIV感染者のデクスター(ジョセフ・マッゼロ)。やがてエリックはデクスターと心が通い合い、“彼の治療法を見つける”とデクスターを連れてあてどのない旅に出掛けるが……。

間違いなく自分の人生の一本。思い入れが強すぎて採点できない自己満レビューです。英語を学ぶ為に一本セリフを全部覚えてみようとこの映画を選び、すでに100回以上見てるし、サントラも未だリピート中。と余談はさておき。
◆基本ネタバレしてます◆
まず作品の大部分はエリックとデクスターのひと夏の、でも一生分の友情の物語。HIV患者である事を疎む事なく友となり、いつも一緒に遊んだエリックの大らかでまっすぐな、とてもあたたかい人間性に心があつくなる。同時にこれでもかと言い訳が浮かんでくる(笑)、彼のキャラ設定とそれを見事に演じたレンフロ君に拍手。治療薬を探しに旅立ってしまう突拍子もない、でも映画の核となる展開が違和感なく入ってくる。
そして何と言ってもリンダ(デクスターの母親)がゲイル(エリックの母親)を一喝するラストは、この映画の1番の山。泣きながら胸ぐらを掴み、伏見がちに強く訴える迫真の演技は、何度見ても(その部分だけ再生しても)涙が止まらなくなる。
映画全体としても、結局はHIV患者への理解を示すいじめっ子達や、優しくデクスターを諭す担当医師含め、HIVに対しての深い理解や信念が感じられる。ゲイルを差別や偏見を根強く持つ存在とする事で、よりそれが際立ち、リンダのラストのシーンの重みに繋がっていると思う。
脚本も絶妙。デクスターが旅の途中でエリックに打ち明けた暗闇、すなわち死への恐怖。俺の靴を持って寝ろ、つまり俺はいつでも君のそばにいると伝えたエリック。そしてラストでエリックが棺に靴を入れる伏線回収に、また治療薬を見つけに行こう(これは自分の解釈です)と靴を川に流すエリック。靴を一つの友情のアイコンとして使った、とても心があたたかくなる展開・内容でした。
無駄なシーンもなく、クスリと笑えるシーンも多いので、この類の映画が陥りがちな映画全体の暗さもない。デクスターが綴りの間違いを指摘する事で、オイル塗り役を取り上げられたエリックの顔が忘れられない笑
また今見返してみると、少年あるあるというか笑、この年の子はやるよね、という描写が満載。フィギュアで遊んだり、草で実験を始めたり、ワニのおもちゃでイタズラしたり、、何でも遊びに変えてしまう天才なのがこの年頃。それがいたるところに描かれていて、なんだか少年心をくすぐられる。
ブラッド・レンフロ君の活躍をもっと見たかった。ジョセフ・マッゼロ君やアナベラ・シオラさんの作品を今後もっと見たいと思います。
rubiokishi

rubiokishiの感想・評価

4.6
ガチ感動
Michael

Michaelの感想・評価

4.4
2人の少年の友情がメインテーマ。邦題と原題が違い過ぎて驚いたが笑 いつか来ると分かっている死の治療法を見つけるために、ありとあらゆる可能性にかけ、そして旅に出る。死はいつか必ず訪れるものだが、それを恐れるのではなく、最後まで冒険心を持って楽しんで生きる。それは今を生きている自分たちも忘れてはいけない心がけな気がする。ラストは流石にウルっときた。見て後悔のない名作。
昔に見た。泣きすぎるやつ。
とてもいい作品に出会いました。
先輩のオススメで

隣の家にHIV感染の男の子がやってくる。
周りは遊んではいけない。と言うが
すっかり仲良くなり友情が芽生える

主人公の男の子は病気の友人をなんとか治療しようと試み、冒険を始める。

とても愛に溢れていて、
涙なしでは観れない映画です!
がり

がりの感想・評価

4.2
【愛に溢れた映画】
不治の病にかかった友人との友情物語はよくあるストーリーではあるが、この作品は友情というよりエリックからデクスターへの愛情が要所要所で伝わってくる。まるで弟のような、身内への愛情の様なものが感じられる。エリックの行動は時折デクスターを危険に晒すが、それは幼さや不器用さ、無知さからである。そしてそれを一番デクスターの母親は理解し、暖かく見守る。
今作品の見応えの一つはデクスターの母親、リンダの慈悲深さと聡明さだ。初めのシーンからリンダのデクスターへの愛の深さと、賢さがびしびし伝わる。そこと対比されて、エリックの母ゲイルの知性の低さも伝わる。ワンシーンでこの差を伝えてくる演技力と撮影力には舌を巻く。
無知であるということは怖いことである。ゲイルがエイズを知らず人との関わりを逃しているように、エリックが毒草があることを知らずデクスターを危険に晒したように、無知は人を誤った方向に導く。しかし、エリックは母親と違い、そこに誰かへの敵意を含めなかった。ただ純粋に行動した結果であった。。
最後のエリックが靴を置いて行ったのを見たリンダの表情が良かった。あの靴を見たとき、リンダは安心した。母親の知らない息子の冒険があったことを知った。ああいう笑顔を見せられる母親になりたいと思った。(男だけど)
HEIDI

HEIDIの感想・評価

4.3
純粋な子供たちの友情に涙。母の愛に涙。靴のシーンが好き。とても心温まる映画。泣きたいときにオススメ。
makita

makitaの感想・評価

4.0
久々に映画で泣いた。エリックみたいな友達に出会えて本当に良かった。あとデクスターのお母さんが本当に素敵でカッコ良い。悲しいストーリーだけど最後は心があったかくなる映画。
アオ

アオの感想・評価

4.5
高校生の時にみた
本当に大好きな映画
nao42

nao42の感想・評価

4.1

親友2人の永遠の友情物語

映画の主である純粋な少年たちの友情はもちろん良かったですが、デクスターの母親の行動に凄く心打たれました。
デクスターを所構わず連れまわすエリックを自分の息子の様に愛情を持って見守る姿がとても良かったです。
なので、あのエリックの母親に喝を入れた時は、心の底からエリックのことを思っているんだなぁと思い号泣してしまいました😭

あと、最後のエリックの台詞、25セント!には君って男は本当にいい奴だな…!!!と言いたくなりましたね😄

デクスターの人生は短かったけれど、その分、親友や母親が最期までそばにいて愛を注いでくれた。
そのおかげで、デクスターの人生は色を取り戻すことができた。それはデクスターにとって本当の幸せだったんだと思います。


親友が亡くなってしまう悲しい物語ではあるのですが、面白くもあり、愛がある本当に素敵な映画です。

是非気になったら観てみてください^_^
>|