マイ・フレンド・フォーエバーの作品情報・感想・評価

「マイ・フレンド・フォーエバー」に投稿された感想・評価

【母親のラストの熱演…人生の一本】
少年と、HIVを抱える少年との命の友情物語。クスっと笑える少年あるある満載で決して暗くない。涙腺崩壊必至、ラストの母親の熱演はもはや伝説。

原題は「The Cure」。25歳で天逝したブラッド・レンフロの13歳時の主演作。他出演に『ジュラシック・パーク』ジョセフ・マッゼロ、『奇蹟の輝き』アナベラ・シオラなど。監督はピーター・ホルトン。

ある日、エリック(ブラッド・レンフロ)の家の隣に引っ越してきたHIV感染者のデクスター(ジョセフ・マッゼロ)。やがてエリックはデクスターと心が通い合い、“彼の治療法を見つける”とデクスターを連れてあてどのない旅に出掛けるが……。

間違いなく自分の人生の一本。思い入れが強すぎて採点できない自己満レビューです。英語を学ぶ為に一本セリフを全部覚えてみようとこの映画を選び、すでに100回以上見てるし、サントラも未だリピート中。と余談はさておき。
◆基本ネタバレしてます◆
まず作品の大部分はエリックとデクスターのひと夏の、でも一生分の友情の物語。HIV患者である事を疎む事なく友となり、いつも一緒に遊んだエリックの大らかでまっすぐな、とてもあたたかい人間性に心があつくなる。同時にこれでもかと言い訳が浮かんでくる(笑)、彼のキャラ設定とそれを見事に演じたレンフロ君に拍手。治療薬を探しに旅立ってしまう突拍子もない、でも映画の核となる展開が違和感なく入ってくる。
そして何と言ってもリンダ(デクスターの母親)がゲイル(エリックの母親)を一喝するラストは、この映画の1番の山。泣きながら胸ぐらを掴み、伏見がちに強く訴える迫真の演技は、何度見ても(その部分だけ再生しても)涙が止まらなくなる。
映画全体としても、結局はHIV患者への理解を示すいじめっ子達や、優しくデクスターを諭す担当医師含め、HIVに対しての深い理解や信念が感じられる。ゲイルを差別や偏見を根強く持つ存在とする事で、よりそれが際立ち、リンダのラストのシーンの重みに繋がっていると思う。
脚本も絶妙。デクスターが旅の途中でエリックに打ち明けた暗闇、すなわち死への恐怖。俺の靴を持って寝ろ、つまり俺はいつでも君のそばにいると伝えたエリック。そしてラストでエリックが棺に靴を入れる伏線回収に、また治療薬を見つけに行こう(これは自分の解釈です)と靴を川に流すエリック。靴を一つの友情のアイコンとして使った、とても心があたたかくなる展開・内容でした。
無駄なシーンもなく、クスリと笑えるシーンも多いので、この類の映画が陥りがちな映画全体の暗さもない。デクスターが綴りの間違いを指摘する事で、オイル塗り役を取り上げられたエリックの顔が忘れられない笑
また今見返してみると、少年あるあるというか笑、この年の子はやるよね、という描写が満載。フィギュアで遊んだり、草で実験を始めたり、ワニのおもちゃでイタズラしたり、、何でも遊びに変えてしまう天才なのがこの年頃。それがいたるところに描かれていて、なんだか少年心をくすぐられる。
ブラッド・レンフロ君の活躍をもっと見たかった。ジョセフ・マッゼロ君やアナベラ・シオラさんの作品を今後もっと見たいと思います。
まっつ

まっつの感想・評価

4.2
王道。
シンプルに泣ける
最初に観たのは子供の頃に試写会で。当時から今も、本来こういった映画はあまり好みじゃない。同じテーマでもできればもう一歩先が欲しい。
王道難病映画という意味では期待を裏切らないと思う。

それより何より一番哀しいのは、主演のブラッド・レンフロが若くして亡くなっていること。

ジョゼフ・マッゼロ(ジョー・マゼロ)が活躍している姿を見ると、この映画とブラッド・レンフロを、臭い靴と不味そうなチョコバー(レンチンしていて驚いた)、シェアできなかったパフェのことを、しんみりと思い出します。
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

3.6
子供同士の関係には
大人とでは犯せない領域が沢山あって
大人になってから
私はそれを早いうちに
失ってしまったことを後悔し、
必死に取り返そうとした記憶がある。

腫れものに触るような丁重さを
彼らは求めてはおらず、
土足で踏み込む純粋さと真っ直ぐさ
があればいいのだと。
それが羨ましくてたまらなかった。

子供の頃の友達が
ずっと自分の全てを
知っている気がするのは
そういう付き合い方を
してきたからなんだろうな。
ずえこ

ずえこの感想・評価

3.9
たんたんとしていたのに、一気に落とされた感
でも、内容はすごいよかったし、深かった
Maki

Makiの感想・評価

4.7
病気と闘いながらも母親からの愛情を一身に受けて育ったデクスターと、健康だけど家庭では孤独なエリックが、隣家なことをキッカケに仲良くなるお話。状況は違えど、孤独だった2人の間に友情が芽生える様子は美しかった。

デクスターのためにエイズの治療薬を探しに旅する2人がなんとも可愛くて、子どものときこういう馬鹿なことしてたなぁとか 自らも懐かしく思うようなシーンも随所にあり、それだけでなんだか泣けてきた。冒険シーンはスタンド・バイ・ミーを思い出す。

重いストーリーかと思いきや、旅をしている2人は最強に楽しそうだし、笑えるシーンもたくさんあって、この時間が永遠に続けばいいのにと本気で祈ってしまう。

最後まで一つ一つのシーンがキラキラしていて、ただただ眩しくて、久しぶりに嗚咽が止まらないほど泣いた。無駄なシーンが1秒もなくて、全てのシーンがしっかりと結び付いている。最高の100分間。25セント、コンバース、、、名シーンばかり。

Filmarksの100本目をこの作品に捧げられて本当に良かった。


追記:
主演のブラッド・レンフロくん、ものすごく魅力的だなぁと思って調べたら なんと25歳で亡くなってて どうしようもなく悲しい気持ちです、

このレビューはネタバレを含みます

なんていい映画だ😭😭
もっと早くこの映画に出会って
たかった😭😭

デクスターとエリックの関係が
とてもいいのと、2人が遊んでる
時の楽しそうな姿がなんとも
微笑ましい。☺️

泣けたのが、デクスターの
お母さんがエリックのお母さん
に対して、あのセリフを言った
シーンは涙ボロボロだった。

それで、最後…靴…(;﹏;)
最後終わり方ずるい。!
もう涙がとまりません😭😭

ここ最近の映画で1番泣いた!
子どもらしく自分らしく振る舞える相手に巡り会えた奇跡。この時代の映画は情景も時間の流れも美しいなあ。デクスターのママが好き。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.8
名作ですね。。

孤独な少年×輸血でエイズにかかった少年が出会う、友情物語。
当時エイズに対する偏見や差別がある中で、こんなにも純粋で儚い友情を描くのはズルイよね…泣けない訳がない。

友達に少しでも長く生きて欲しいから
色んな葉っぱ集めて身体に良さそうなお茶を作るシーン…。その発想がまた純粋で泣ける。
justice

justiceの感想・評価

4.0
男の友情極まれり。

主演の人スゴいカッコよかったんだけど、もう亡くなっているのか…残念。

題材自体は暗いはずなのに、その暗さを感じさせない。あっぱれ。
>|