マイ・フレンド・フォーエバーの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイ・フレンド・フォーエバー」に投稿された感想・評価

【人生の一本】
少年と、HIVを抱える少年との命の友情物語。クスっと笑える少年あるある満載で決して暗くない。ラストの母親の熱演に涙腺崩壊必至。
◆概要
25歳で天逝したブラッド・レンフロの13歳時の主演作。
原題:「The Cure」
出演:「ゴールデンボーイ」ブラッド・レンフロ、『ジュラシック・パーク』ジョセフ・マッゼロ、『奇蹟の輝き』アナベラ・シオラ
監督:ピーター・ホルトン
◆ストーリー
ある日、エリック(ブラッド・レンフロ)の家の隣に引っ越してきたHIV感染者のデクスター(ジョセフ・マッゼロ)。やがてエリックはデクスターと心が通い合い、“彼の治療法を見つける”とデクスターを連れてあてどのない旅に出掛けるが……。
◆感想
間違いなく自分の人生の一本。思い入れが強すぎて採点できない自己満レビューです。英語を学ぶ為に一本セリフを全部覚えてみようとこの映画を選び、すでに100回以上見てるし、サントラも未だリピート中。と余談はさておき。

◆以下ネタバレ

◆友情物語
まず作品の大部分はエリックとデクスターのひと夏の、でも一生分の友情の物語。HIV患者である事を疎む事なく友となり、いつも一緒に遊んだエリックの大らかでまっすぐな、とてもあたたかい人間性に心があつくなる。同時にこれでもかと言い訳が浮かんでくる(笑)、彼のキャラ設定とそれを見事に演じたレンフロ君に拍手。治療薬を探しに旅立ってしまう突拍子もない、でも映画の核となる展開が違和感なく入ってくる。
◆熱演
そして何と言ってもリンダ(デクスターの母親)がゲイル(エリックの母親)を一喝するラストは、この映画の1番の山。泣きながら胸ぐらを掴み、伏見がちに強く訴える迫真の演技は、何度見ても(その部分だけ再生しても)涙が止まらなくなる。
◆悪人不在
映画全体としても、結局はHIV患者への理解を示すいじめっ子達や、優しくデクスターを諭す担当医師含め、HIVに対しての深い理解や信念が感じられる。ゲイルを差別や偏見を根強く持つ存在とする事で、よりそれが際立ち、リンダのラストのシーンの重みに繋がっていると思う。
◆脚本
脚本も絶妙。デクスターが旅の途中でエリックに打ち明けた暗闇、すなわち死への恐怖。俺の靴を持って寝ろ、つまり俺はいつでも君のそばにいると伝えたエリック。そしてラストでエリックが棺に靴を入れる伏線回収に、また治療薬を見つけに行こう(これは自分の解釈です)と靴を川に流すエリック。靴を一つの友情のアイコンとして使った、とても心があたたかくなる展開・内容でした。
◆クス笑い
無駄なシーンもなく、クスリと笑えるシーンも多いので、この類の映画が陥りがちな映画全体の暗さもない。デクスターが綴りの間違いを指摘する事で、オイル塗り役を取り上げられたエリックの顔が忘れられない笑
◆少年あるある
また今見返してみると、少年あるあるというか笑、この年の子はやるよね、という描写が満載。フィギュアで遊んだり、草で実験を始めたり、ワニのおもちゃでイタズラしたり、、何でも遊びに変えてしまう天才なのがこの年頃。それがいたるところに描かれていて、なんだか少年心をくすぐられる。

ブラッド・レンフロ君の活躍をもっと見たかった。ジョセフ・マッゼロ君やアナベラ・シオラさんの作品を今後もっと見たいと思います。
nana

nanaの感想・評価

4.3
心に穴が空いたような気分
とも

ともの感想・評価

4.0
これまた泣けたぁ
エリック良い奴だけど危なっかしいことばっかさせるからずっとヒヤヒヤ
テントでの2人のやり取りが本当に美しかったしエリックの優しさに感動した
デクスターのお母さんも最高にいい母!
ぬぬぬ

ぬぬぬの感想・評価

4.0
今年鑑賞136作目

結末は置いておいて、エイズ患者の友人を何とか自分の力で治してあげようとする純粋な主人公にはひかれたよ。
言いたいこともいろいろあるけど…

お母さんの愛は偉大
AM

AMの感想・評価

5.0
めっちゃ良い。
マーコ

マーコの感想・評価

4.2
●一言感想●
危なっかしさと優しさ

●あらすじ●
主人公エリックと、エイズを患うデクスターの友情物語。


●感想●
うわあ良かった、、

原題のcureにいろんな意味が込められてる気がして好き


エイズという怖くて恐れられてる病気を題材にしつつも明るく描かれる
ただエリックのやることは毎回ヒヤヒヤした笑

デクスターのお母さんがすごく好き
こんなお母さんになりたい
エリックを撫でるシーン、母親を怒ってくれたシーン、1番好きだった
c

cの感想・評価

-
ブラッドレンフロ好きになった
Ko

Koの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストあれはずるいわ。一気に持ってかれた。久々にあんな純粋な涙出た。
何もかも許してくれるデクスターママいい人すぎる。。。
エリックと一緒に住んでほしかったなー。

みんながこの映画見れば世界はいくらか平和になるよ。
すし郎

すし郎の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

感動するに決まってるやん

最後の“25セント”と靴の流れは、バッチリ僕の心を奪ってゆきました。
最初はエリックちとやり過ぎだぜって
思えるくらい早とちりなのかガツガツいっちゃうけどそういう性格であり、それが子供らしいとこでもあったのかな
デクスターと対比されてるような感じでもあったし違和感はなかった。

エリックは一匹狼のような子供で、デクスターは病気もあって一人でいることの多い子供、二人が仲良くなったのはそういった部分で惹かれるとこがあったのかな

治療法は確かに見つからなかったけど、
デクスター母ほどではなくても友達のために色んなことをやってずっと隣に居続けた。病気ではなく心の治療はできたんじゃないかな。

あと母の強さと愛と優しさ
エリックのことを一度も怒らない、
デクスターを最後まで愛し続ける、
そして自分の息子の最高の友達をも守る、
母同士のやり取りでぐわっときたね。

最後はいいよね、
これで安心できるし旅立てる。
笑顔で終われた。
>|