ラースと、その彼女の作品情報・感想・評価

「ラースと、その彼女」に投稿された感想・評価

心優しいけれど、大人しくて人付き合いがちょっと苦手なラースのことが兄夫婦は心配。
だけど、そんなラースが彼女を連れてくるというから二人は大喜びで迎えるが、やって来たのは人形だった・・・
というあらすじとパッケージを見るとコメディだと思いがちだけど、これは温かく、そして割とシリアスな人間ドラマです。

街の人たちがこんなラースを温かく見守るのは、ラースがコミニュケーションが苦手ながらも一生懸命純粋に生きていることが周りにも伝わっているからなんでしょう。
愛を持っている人には、周りも愛を持って応えてくれる。
素敵な関係だな。

ライアン・ゴズリング、すごく良い俳優さん。
役の幅が広いですね。
『ドライブ』と同じ人とは思えません。
Rie

Rieの感想・評価

3.8
なかなか自分を出せない主人公の男性が、人形彼女を通して成長していく物語。

とにかく周りの人達が優しくて思いやりがあって素敵。
誰かしら嫌がらせするやつとか陥れようとする悪者が当たり前に出てくるだろうとおもったけどみんないい奴。

最初に人形紹介された時の兄夫婦の表情がおもしろすぎて何回も見ちゃった
あー

あーの感想・評価

4.2
わー。
これ、好きだわ。

ララランドのゴズリング?

いや、いや、こちらでせぅ。

お喋り下手なハニカミ男子が、
ダサめのセーターを着こなし、
人形に話しかける事で饒舌になってるんですもの。

そうです。

彼の恋人は、人形です。

彼女がいないことを心配してる、兄。
よりも義姉の方が心配してるのですが...

兄夫婦に突然紹介されたのは、
ラブドール。
動かない人形ですヨ。

しかも、なんか会話して...るッ‼️‼️

いやいや、ブリグズビーベアの世界を
あたいはみたよ。

もちろん兄夫婦も突然の事で
受け入れられないんだけど、
なんとか話を合わせて...

からの、もうコレ、キャストの皆様も
全員素敵すぎる‼️‼️

特に精神科の女先生‼

受け入れられない世界を、みんなで
受け入れた事で変化していく様や、
ラース自身の変化が穏やかに。
優しく広がっていく。

自分の理想通りの彼女を手に入れたはずの
ラース自身の変化を、ゴズリング様〜

やっぱりあなたは巧みに表現するのですね。

なんて、この人は切ない表情が似合うのだろうか。

この時こう思ってます!!
の心情は観た場面から感じとるのですが、ラストに繋がる心情の変化は、
あたいはとってもニヨニヨしちゃう。

義姉の魂の叫びも必見デス。
カスレ声に、キュンとした。
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.8
普段大人しくてちょっとシャイだけど人柄の良いおじさんが、次の日ダッチワイフを連れてきて「彼女ができた」と言ってきたら、普通距離を置いてやばい奴認定してしまうだろう。しかしこの映画の人柄おじさんの周りの人達は、決して切り捨てない。むしろ個性だくらいの勢いで、人柄おじさんの成長を見守っているくらいだ。
ダッチワイフの彼女を死をきっかけに、人柄おじさんが次にする恋はきっと他人を思いやることができて、とても楽しいものになるはずだ。
モ

モの感想・評価

3.8
周りの人たちの優しさ
まぁ、ソファに2人が腰かけた場面は不気味でした。でも、ドールは服を着た姿しか見せず、製作陣に下心はありません。むしろ、心の病を持った青年が愛情を注ぐゴズリングの熱演に目がいきます。町の人々の心優しさはおとぎ話ですが、それでもそこに浸って彼の再起を期待して見ていました。
kumi

kumiの感想・評価

3.8
人に触れられることや抱きしめられることにさえ痛みを感じてしまうラースには、ビアンカが必要だったんだね。

戸惑いながらもラースやビアンカを受け入れた周りの人たちがみんなとても優しくて心が温まった。バーマン医師もほんとうにすてき。
あとラストシーンすき。
とらみ

とらみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

生身の人間は都合良く病気になって死んでくれないぜ
EMIAI

EMIAIの感想・評価

4.2
なんて心温まる作品なんだ!最初はただの人形にしか見えなかったビアンカが徐々に本当にラースの恋人に見えてしまった。終盤のキスシーンは思わず涙してしまった。
人を愛する大切さを教えてくれた。
ライアン目当てで観たけど、ライアンが演じてることをすっかり忘れてしまうくらいラースにしか見えなかった!素敵!
まきね

まきねの感想・評価

3.9
実にステキな話
ライアン・ゴズリングが撮影終了後ビアンカを持ち帰ったと言う話を聞いてなおステキ
>|