whitelily

ウルヴァリン:X-MEN ZEROのwhitelilyのレビュー・感想・評価

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)
3.5
ローガンの幼少期から始まるウルヴァリン誕生のお話。タイトル通りウルヴァリンが主役なので話があっちこっちいかずにローガンの人生についてかなり深く掘り下げてて中身は濃厚。これ一作観るだけでも前作のシリーズの見方が結構変わる。
ウルヴァリン誕生の経緯にフランケンシュタインを連想してしまいなんだか悲しくなった。ウルヴァリンの呼び名のルーツは泣ける。意外にもロマンチックなローガンに親近感。ストライカーとの確執もしっかり描かれていてよかった。前三部作に出てくるキャラもちょいちょい盛り込まれてて気が抜けない。アクションシーンも多めで楽しめた。

記憶は消されても魂が覚えてる。ローガンが全てを思い出す日は来るのだろうか…。そして何やらしつこそうなイレブンくんw 果たして。