CHまち

ウルヴァリン:X-MEN ZEROのCHまちのレビュー・感想・評価

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)
3.9
《作品概要》
特殊な能力を持ち、過去の記憶を無くした男ウルヴァリンの誕生の秘密を描く。ウルヴァリンはかつてローガンという名の兵士で特殊部隊に所属していたが、ある事件をきっかけにその部隊を離脱。その後、彼はカナダで恋に落ちたケイラという女性と穏やかな暮らしを送り始めるのだが……。

《感想》
今まであやふやだったウルヴァリンことローガンの過去の秘密が遂に明かされる…。本作のウルヴァリンは今までのシリーズの髪型とは若干違うような気がするのは気のせいですかね?😅なんか本作の方が格好良く見えたんですが(笑)

ウルヴァリンの過去が分かるのはもちろん面白いポイントなんだけど、それに加えて本作で登場する人物などが、初代X-MENシリーズの3作品に上手く繋がるような感じでストーリー進行していくのが秀逸だなと思いました。ストーリーが進むにつれて私は「は〜なるほど!こうやって繋がるのかー!」と感心しながら鑑賞していました😄

アクションシーンの爽快感や迫力も良かったですね!ウルヴァリンの無双感だったり、爆発物ドカーン!などとお祭り感も味わえるシーンもあるので楽しい。

物語は全体的に悲壮感漂う感じではありましたが、非常に興味深く鑑賞させてもらいました!個人的満足度は高めです☺