ヒートの作品情報・感想・評価

「ヒート」に投稿された感想・評価

デ・ニーロがめちゃくちゃ渋カッコいい!アル・パチーノはゴリゴリのヤクザにしか見えん!

生き方を変えることはなかなかできない。時には違う生き方をしてきたやつと戦わなければならない。

登場人物が多い前半が若干かったるいのがもったいない。主役2人をもっと親く描いても良かったのでは?
銀行強盗のシーン以降はとにかくひたすら面白い。ニールが落とし前をつけるシーンは熱かった。

乾いた発砲音がビル群に響き渡る銃撃シーンは思わずうっとりしてしまいました。カッコいい…
実銃の発射音を実際に使ってるからこその迫力!

"ドライヴ"、"コラテラル"、LAの夜景はかっこいいですね。

期待しすぎたのかな?ガンアクションと聞くと"ジョン・ウィック"のようなタクティカルアクションを求めてしまうことと(今作も十分出演者が訓練して緊迫したシーンにはなってますよ!)、前半に乗れなかった分スコア低めですが後半はとにかく面白い!

同じマイケル・マン監督なら"コラテラル"の方が好きかな。
ma

maの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

中盤の銃撃戦、こんな派手にやっちゃってこの後大丈夫?って勝手に心配したのですが、最後見事に飲み込まれました。
ダークナイトの元ネタと知って以来10年ぶりの鑑賞。

序盤のアル・パチーノのセックスシーンとかファンサービス以外の意図が見当たらないし、他にも説明的な癖に必要とは思えないシーンが多かったけど、やはりダークナイトに影響を与えた犯罪シーンの数々は良かったし、アル・パチーノとロバート・デ・ニーロの戦いも熱い。(画面越しの対峙とかダイナーとか)

とはいえアル・パチーノとデ・ニーロの演技力でも補えないくらいドラマパートの冗長さと下らなさが目立っていたから(ぶっちゃけ家庭の事情とか惚れた腫れたとかどうでもいい)事件が起こるまで退屈感を覚えてしまうことも度々で、やはりマイケル・マンの会話の演出って苦手だと改めて思った。(というか嗜好が変わったこともあって昔より面白く思えなかった)
中盤の銃撃戦は何回見ても最高
デニーロ側もアルパチーノ側もどちらも最高
音楽も良い
masa

masaの感想・評価

4.2
アル・パチーノとロバート・デ・ニーロの男のドラマ。
これはシビれる…

プロの犯罪者ニール・マッコーリー(デ・ニーロ)率いるグループが、現金輸送車から多額の有価証券を強奪した。捜査に乗り出したロサンゼルス市警のビンセント(パチーノ)は、わずかな手がかりからニールたちの犯行と突き止め、執拗な追跡を開始するが…

171分とちと長かったけど、長さを感じず二人の男の戦いにシビれてしまいました。
強盗団のボスとLA市警警部という役で、どちらも強くて超やり手なんだけど、私生活は家庭に問題があったり、孤独だったりと、どちらも哀愁を漂わせているのがまたシビれる。

敵同士でもお互い心では通じているのだが、意地と誇りをかけて火花をちらしている。二人がダイナーで話すシーンは、たまらない雰囲気でまたシビれる。
ラストシーンもまたまた最高にシビれる。
シビれっぱなしの171分でした…
ひ

ひの感想・評価

4.3
アル・パチーノとロバート・デニーロの共演、これだけで最高
そして素晴らしい銃撃戦シーン
YuA

YuAの感想・評価

4.0
後半は、緊張感がありすぎて…悪い人は嫌いですが、デニーロをうっかり応援したくなってしまいました。
大切にしたいものを理解していて美学があって抜け出すことを夢見ていただけに悲しい気分に浸りました。
アルパチーノも大好きだし、もちろん納得のラスト。最後まで迫力いっぱいでした。
Kei

Keiの感想・評価

3.5
市街地銃撃戦シーンはさすがの迫力!!!
アルパチーノとロバートデニーロ、渋かっこいい。

ストーリーとしてはいまいちハマれず残念。「男」度が高すぎたな…。
パチーノvsデニーロ。
刑事の意地、マフィアの恋、お互い人間味のある二人で、観ていてどっちも応援したくなってしまう。

圧巻の銃撃戦◎。
息を飲む駆け引き◎。
主演二人の渋さ◎。

ただ、すげえ長い。
この感覚、『トランスフォーマー』思い出した。監督の名前似てるし。
>|