こちんだ

トリコロール/青の愛のこちんだのレビュー・感想・評価

トリコロール/青の愛(1993年製作の映画)
4.0
個人的にはトリコロール三部作の中では1番に好きかもしれない作品。

『汚れた血』のジュリエット・ピノシュが美しい。映画のタイトルにもあるように青い光に照らされた彼女が特に輝いて見えた。

フランス国旗では青色は「自由」を表しているらしい。

事故で夫と子どもを失ったジュリー(ジュリエット・ピノシュ)は家族というしがらみから自由になる。
作曲家の夫が残したお金でパリの一室で独りで自由な生活をするジュリー
そこで下の階に住む娼婦や部屋に住み着いたネズミという「しがらみ」に出会う。

「しがらみ」を排除することによって、自分で決めることのできる「自由」が増えていく。しかしながらその反面では「孤独」が増大することでもある。映画の最後でジュリーは「自由」よりも<ささやかなしがらみ>を選ぶ事になる。