チェンジリングの作品情報・感想・評価

「チェンジリング」に投稿された感想・評価

netfilms

netfilmsの感想・評価

4.8
 1928年ロサンゼルス、大恐慌目前のアメリカ、路面電車が走る通りの脇に立つ閑静な平屋。部屋の目覚ましが6時半に鳴ると、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)はゆっくりと起き上がり、静かにカーテンを開ける。差し込む朝の光の中、ラジオから流れてくるジャズのリズムに乗せて、クリスティンはもう10分寝かせてと愚図る愛する息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)を起こす。母親は廊下の柱に書かれた息子の身長の目盛りを記入しながら、その成長に目を丸くする。冷たいシリアルを食べさせ、9歳の息子を小学校に送った後、路面電車に乗る。彼女は電話交換手の主任として忙しく働きながら、女手1つでウォルターを懸命に育てている。『許されざる者』以降のイーストウッドに顕著なように、ここでも両親は揃わない。その日の帰り道、父親がいないことをからかわれたウォルター少年は、ついカッとなってその子を殴ってしまったことを母親に懺悔する。母子は一貫して父性の不在を抱えている。ようやく出来た休暇、母親は息子とチャップリンの映画を観る約束をする。だが翌日、部下に急病が出たという職場からの連絡を受け、4時までならという約束で渋々応じる。帰り際、そそくさと職場を出るクリスティンの前に、上司が昇進の話を持ちかける。また月曜日に話しましょうと受け流し足早に駆けて行くが、路面電車はすんでのところで出て行ってしまう。家の前の通りを足早に歩きながら、ウォルターの待つ家に一目散に帰る母親の姿。しかし最愛の息子ウォルターは忽然と姿を消してしまう。

母親に映画の約束をすっぽかされたウォルター少年の表情は、『ミスティック・リバー』で父親の不在が頭から離れず、不安げな表情を浮かべたマイケル・ボイル少年(ケイデン・ボイド)によく似ている。実際、そそくさと職場に向かうために部屋を出た母親が振り返った時、ウォルター少年の表情はどことなく寂しく、まるで今生の別れを惜しむかのように窓越しにすくっと立っている。この様子は『パーフェクト・ワールド』において、ハロウィン・パーティを寂しげに見つめるフィリップ少年(T・J・ローサー)にも近い。イーストウッド映画において、子供たちはしばしば父親の不在を抱えながら、残酷な運命に呑み込まれる。そんなこととは夢にも思わずに、母親は早退して路面電車に乗ろうとする。人々の歩幅、道路を走る車、けたたましいベルが鳴る中を、ローラー・スケートで滑る彼女の優雅なリズム。それに初めて抗う印象的な場面だが、臙脂色の路面電車は彼女の視線に気付かないまま、ゆっくりと過ぎ去ってゆく。もう1本遅れて列車に乗った後、母親の挙動は自然と足早になる。イーストウッドのフレーム設計は、彼女の不安げな表情と、明かりのつかない無人の窓ガラスをリバース・ショットで性急に見せる。『マディソン郡の橋』の出会いの場面とは逆の、永遠の別れを思わせる場面が残酷で緻密で容赦ない。5ヶ月後、ロサンゼルス市警のJ.J.ジョーンズ警部(ジェフリー・ドノヴァン)により、イリノイ州で息子が発見され、母親は天にも昇るような至福の笑みを浮かべる。だが『許されざる者』以降、繰り返し用いられてきたあらゆる感情を動かす雨は無情にも降らない。ロサンゼルスからはるばるイリノイ州までやって来た母親を待ち受けるのは、霧が晴れたような真っ青な空の下で、茫然自失と立ち尽くす残酷な運命である。ここではいつものブラウンの服装ではなく、エメラルド・グリーンのドレスを羽織るが、彼女の口紅の色はいつものように赤く、腫れぼったく浮き上がる。

官僚機構に言いくるめられ、すっかり四面楚歌となったクリスティンの理解者となるグスタヴ・ブリーグレブ牧師(ジョン・マルコヴィッチ)の姿。彼は権力に対し、為す術もない小市民である主人公に、権力に刃向かう術を1から教えて行く。ここではイーストウッド映画に通底する「教育とイニシエーション」の主題が唐突に顔を出す。官僚機構は母親の本能を「妄執」として聞き入れない。1920年代の腐敗したロサンゼルス警察の捜査体制、再選に向けた人気取りしか興味のない市長の卑しさは、官僚機構や白人至上主義に異議を唱えたイーストウッドの集大成とも言える。マスコミが群がる正面玄関を避け、裏口から羽交い締めにして母親を強制的に連行する瞬間に、大雨は降る。J.J.ジョーンズ警部の稚拙な捜査体制に対し、ただ1人異議を唱えたレスター・ヤバラ刑事(マイケル・ケリー)の良心により少年が検挙され、カナダへの強制送還を命じられた場面でもう一度雨は降る。まるで『Bird』の導入部分のような雷鳴轟く大雨の中、少年は刑事に対し懺悔する。後半、急遽炙り出されたゴードン・ノースコット(ジェイソン・バトラー・ハーナー)の造形は、『ダーティ・ハリー』シリーズのスコルピオや、ウォルフガング・ペーターゼン『ザ・シークレット・サービス』のミッチ・リアリー(ジョン・マルコビッチ)、『ブラッド・ワーク』のバディ・ヌーン(ジェフ・ダニエルズ)を彷彿とさせる血も涙もないシリアル・キラーに違いない。息子を誘拐された女は執念だけで官僚機構に楯突き、サン・クエンティン刑務所で明日絞首刑になるゴードン・ノースコットを烈しく罵倒する。クリスティンが振り返り、レスター刑事に笑顔で囁くたった一言には、何度観ても絶句する他ない。
寄り添うような映画音楽と、突き放してくるロサンゼルス市警。


1920年代のロサンゼルスで起こったゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした作品。
シングルマザーの家庭、ある日突然自宅から9歳の息子が消え、当時腐敗していて世間からの信用が地に堕ちていたロサンゼルス市警がイメージアップを図るため誘拐事件として捜査に乗り出す。
なかなか捜査が進まない中で5ヶ月経って捜査に急展開、“息子を見つけた”とロサンゼルス市警が連れて来たのは全くの別人の少年。
主人公は当然再捜査を求めるも、「ロサンゼルス市警に間違などは起こらない、よって、あなたは精神に異常をきたしている」として精神病院に入れられてしまう。


音楽にイーストウッドの名前がクレジットされてたから、きっと作曲家でもあるイーストウッド監督自身が作ったであろう、ミュートしたトランペットのソロのメロディが印象的なメインテーマ曲。

もうね、初っ端から流れるこのメインテーマ曲がとても素晴らしい。
どんな曲?と聞かれると、悲しいかもしれない、明るいかもしれない、切ないかもしれない、穏やかかもしれない、諦めが漂うようなかもしれないし、かすかな希望が感じられるかもしれないし、鎮魂歌かもしれない。
つまり、全く一言で言い表す事が出来ない曲なんだけどまさにそれはこの作品自体がそうで、“はっきりとさせない(からこそのある種の救い)感じ”をちゃんと観る人の心に落とし込んでいく役割を大いに果たす良曲だと思った。


主人公のクリスティンを演じたアンジェリーナ・ジョリーの佇まいと、赤い口紅がとても画面に映える。
wawvv808

wawvv808の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1928年のロサンゼルス。シングルマザーで、電話会社に勤務するクリスティンは息子ウォルターを残して仕事に出かけるが、帰宅すると息子は姿を消していた。クリスティンはロサンゼルス市警察に捜査を依頼し、事件は世間の注目を集めるが、同時に人々は不正が横行する警察に事件を解決する能力があるのか疑問視していた。5か月後、市警のジョーンズ警部からウォルターを保護したと連絡が入り、クリスティンは彼に連れられて駅に向かう。そこには市警の手柄をアピールするデーヴィス本部長や大勢の記者が集まっていたが、再会した息子は全くの別人だった。クリスティンから別人だと聞かされたジョーンズは体面を取り繕うため、「とりあえず息子として扱って欲しい」と頼み、そのまま記者の取材を受けることになった。

クリスティンは少年と帰宅するが、彼がウォルターよりも明らかに身長が低いことに気付き、ジョーンズに再捜査を依頼する。しかし、捜査ミスが発覚することを避けたいジョーンズは、逆に「息子がいない自由な日々を手に入れようと育児放棄しようとしている」と彼女を責め立てる。ジョーンズは専属医に「医学的な」診断書を作らせて少年がウォルターであることを公式に報告し、事件の解決をアピールする。クリスティンは息子が通院した歯医者の診断記録や学校の担任の証言をもとに別人である証拠を集める。そこに、警察の不正を追及しているブリーグレブ牧師が協力を申し出て、彼女は集めた証拠を記者たちに渡そうとする。しかし、それを知ったジョーンズはクリスティンを「精神異常者」として精神病院に隔離してしまう。クリスティンは、彼女と同じように市警に逆らって隔離された被害者たちと知り合い、市警の判断が間違っていることを訴える。

同じころ、市警のレスターは不法入国者の少年サンフォードを拘束して強制送還しようとするが、彼は従兄ノースコットに強要されて少年たちを殺したことを告白する。サンフォードは、ノースコットが20人近い少年たちを拉致して強姦・殺害したと告白し、犠牲者の中にウォルターと思われる少年も含まれていることが判明する。レスターは、「捜査を中止しろ」というジョーンズの命令を無視して犯行現場の養鶏場に向かい、そこで犠牲者の人骨を発見する。報道で事実を知ったブリーグレイブは精神病院に向かい、クリスティンを助け出す。指名手配されたノースコットは逃亡先のカナダで拘束されロサンゼルスに送還されたが、捜査ミスが判明したことで責任を追及される立場になったデーヴィスとジョーンズ、市長選挙への影響を懸念する市長は事件の早急な幕引きを図る。

クリスティンはブリーグレイブの紹介で腕利きの弁護士ハーンを雇い、精神病院に隔離されていた被害者たちを解放し、市警に対して訴訟を起こす。市警は世間の批判をかわすためにノースコットの裁判を聴聞会と同じ日程で行うが、世間は市警の腐敗体質を糾弾する。その結果、ジョーンズは無期限の停職処分を受け、デーヴィスは本部長を更迭、市長は選挙への出馬を取り止め、同時にノースコットには死刑判決が言い渡される。しかし、ノースコットはウォルター殺害について明言せず、人骨も個人の特定ができなかったことから、クリスティンは息子の生存を信じて捜索を続ける。

2年後、ノースコットの死刑執行を2日後に控えた日。ブリーグレイブから「ノースコットが面会を求めている」と聞かされたクリスティンは、彼が収監されているサン・クエンティン州立刑務所に向かう。面会したクリスティンは、息子を殺したかを問い詰めるが、ノースコットははぐらかすばかりで、納得のいく答えは得られなかった。翌日、ノースコットはクリスティンや犠牲となった少年の遺族が見守る中で処刑される。

事件から7年後。ノースコットの処刑に立ち会った遺族から「息子が見つかった」という連絡が入る。クリスティンは市警本部に向かい、遺族の息子がレスターと話し合っている様子を目撃する。少年は「ノースコットの養鶏場から逃げる際にウォルターに助けられた」と証言し、両親との再会を喜ぶ。ウォルターを含む逃げた少年たちの行方は分からず、逃げ切れたのか捕まって殺されたのかも不明のままだったが、クリスティンはウォルターが何処かで生きていることを信じて市警を後にし、彼女は生涯をかけて息子を探し続けた。

Wikipediaより

高2の時に視聴。
なんて凄惨な事件。最後に母親の愛情が溢れていて、唯一の救い。
救いがない〜〜〜

人のレビュー読んでなるほどなぁと思い多少評価が上がったんですけど、罪のない子供が酷い目に遭う話がド地雷なのであんまり好きじゃないです。アンジェリーナジョリーは美人でした。
ramu

ramuの感想・評価

4.0
イーストウッド監督って、実話を基にした作品を撮るのが本当に上手だと感じます。
にしても本当に衝撃的で怖い事件ですね。
信じられないようなエピソードのほとんどが脚色ではなく事実のようです。

無能どころか、卑劣な警察が腐り切ってます。ですが、強い権力にも怯まずに決して戦うことを諦めなかった母の強さに胸が熱くなりました。

そして衣装がとても素敵!
シックなコートやローウエストのドレスにクローシェを被って、レザーの手袋。
シックでクラシカルなんだけど、どこか可愛らしい雰囲気で女性らしいシルエットが素敵でした。
いつものゴージャスなアンジーも好きだけど、わたしはこっちの雰囲気の方が好みです。
ogcfc

ogcfcの感想・評価

3.5
20180110/BS
Yurihanna

Yurihannaの感想・評価

4.1
自分を信じて、あなたは狂ってなんかいない
>|