学校の怪談3の作品情報・感想・評価・動画配信

「学校の怪談3」に投稿された感想・評価

光一

光一の感想・評価

3.5
1990年代に人気を博した(?)『学校の怪談』シリーズ第三弾。2の次に、3が好きです、人間模様が一番丁寧に描写されているので。
 
学校にある鏡の世界に引きずりこまれてしまった子どもたちがお化けから逃げたり闘ったりしながら成長していくストーリー。
 
若かりし西田尚美&黒木瞳が出ている点では、四作品の中で一番今の俳優勢力図に活きている作品だなと思います。
 
僕の2歳年上である前田亜季のほっぺチューは、子どもながら羨望の眼差しで観た心に残るシーンです。僕の思春期はあの瞬間からスタートしたのかもしれません……笑。
 
初見は10歳の時。
 
ストーリー点3
監督点4
役者点4
映像音楽点3
印象点4
エモーショナル点3
追加点×
総合点3.5
 
 
ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1~0.2点加算
千里

千里の感想・評価

-
※見返したら再評価
子供の頃に見るからこそ
shige

shigeの感想・評価

2.8
たぶん今から初めて観る人はクオリティ面などでキツイですが、僕は好きでしたー!ティラノサウルスのホネが襲ってくるのドキドキした!
twilight

twilightの感想・評価

3.0
ポケベルとか、竹刀を持ってる先生とか、なんだか時代を感じますね〜。

八橋先生みたいな担任だったら毎日絶対に学校が楽しい。
強いしポジティブだし面白い。
『運命を変えるのは自分自身』
素敵な言葉でした。

親同士の再婚が決まり反発していた子供たちが、事件を通じて本物の家族に変わっていく姿も良かった。

意外だったのが、監督が「デスノート」の金子修介さんでした!
前田亜季ちゃんが好きでした。
さんた

さんたの感想・評価

3.0
小学生時代に流行ったこと流行ったこと。
甘酸っぱさが盛りだくさん。
前田亜季が好き。
かわいい。
自分よりもほんの少しだけ年上な前田亜季だけれど、大人っぽく見えたんだよなぁ。
ノスタルジックな気持ちになるなぁ。
困っちゃう。
tulpen

tulpenの感想・評価

3.0
前田亜季ちゃんがホッペにチューした瞬間
小学生で一杯の映画館の空気が
モゾモゾしたのが可笑しかった。



静岡東宝会館にて。
1997年8月10日 38本目
>|