片腕ファルコン

放浪の画家 ピロスマニの片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

放浪の画家 ピロスマニ(1969年製作の映画)
3.0
1978年に初公開された『ピロスマニ』をタイトルを『放浪の画家 ピロスマニ』と改めリバイバルロードショー!!

ピカソも「私の絵はグルジアには必要ない。なぜならピロスマニがいるからだ」と言わしめたらしい。。

話だけ言えば・・・・ピロスマニは自由人で友達と商売やろうとしたけど全く向いてなくて絵描きに専念して一瞬もてはやされるもすぐに飽きられ孤独の生活をするという…何とも寂しい人生、映画でした。。

けど、最初から妙に映像が平面的というか…奥行を感じない違和感。。

まさに1シーン1シーンが笑えるくらい徹底して絵画っぽいんです。

これがピロスマニ的なのかどうかは全く分かりませんが、内容よりもこっちが気になって最後まで興味深く見れました。。

絵画のような映画ですから、やっぱり静かです。油断するとそこは夢の中にいるでしょう。。。zzz...