たろ

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇のたろのレビュー・感想・評価

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇(2010年製作の映画)
3.5
声優壇上回のチケット取って映画館に行きました。元々銀魂キャラでは高杉晋助好きだったので紅桜編が映画になるのは嬉しかったです。ところどころ多少変化があって絵も綺麗になってて、元のストーリーがそもそも良いので面白かったです。

実写銀魂をこの間見たのでついでに見返したのですが、声優さんのテンポの良い話し方に感心。銀魂って原作ももちろん面白いけどアニメのテンポの良さほんとすごくて思いっきり笑ってしまう。

ギャグからシリアスまで完成されてるので紅桜編は本当に好きです。

原作にはないけれど、せっかくの映画だからと無理やり真選組を出そうとしてるのは笑ってしまう。めっちゃ役に立たない警察。駆けつけた時にはもう全てが終わってしまっている…この無能状態は、無理に出さない方が逆に良かったんじゃないかなと思ったりもする。