芋けんぴ

日本のいちばん長い日の芋けんぴのレビュー・感想・評価

日本のいちばん長い日(1967年製作の映画)
4.0
加山雄三がいかに「新しい時代の日本の若者」を体現していたかがこの作品を観てよくわかった。

血走った目で自転車を漕ぎ漕ぎ奔走する決起兵たちと、背広を着て多くを語らず黙して銃口と対峙する放送局員。未来がどちらのまなこにあるかは明白に見えた。