ただのぐりっぺ

L.A.大捜査線/狼たちの街のただのぐりっぺのネタバレレビュー・内容・結末

L.A.大捜査線/狼たちの街(1985年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

北野武おすすめから観てみた。
前半退屈だったが後半というか最後の15分ぐらいで急展開をみせてきた。

最初主人公が相棒を殺され復讐の鬼になりその後主人公に新しい相棒ができ、主人公が死にその相棒が復讐の鬼になる。

復讐の鬼ループ👹

最後マスターズは逃げ切ってループがまたはじまるのかと思ったがあっさり殺され。

あーここは死ぬんだw

と思った。

マスターズは死んだけどあの女が受け継ぐ感じ?だったのかな?

ちょっとまだ理解出来てないです。

執拗に追いかける主人公は

その男凶暴につき

に重なる感じはしますね。

にしても主人公が警官なのにあんな弱くてよくあんなしつこく追い回したなw