梅村

ハンナとその姉妹の梅村のレビュー・感想・評価

ハンナとその姉妹(1986年製作の映画)
3.5
途中、ハンナが気の毒で辛くてイヤな気持ちになった。
ハンナ以外が低い。子ども。まあ実際にはみんなこんなもんかな、と思ったり。それぞれ色々あるよね、と思ったり。
でも最後まで見て納得できた。良かった。
ところどころ笑えるのも良かった。

ウディアレンは、人生は無意味であるっていう当然のことをすんなり受け入れられない派なんだなと思った。
死が怖い派。
魅力的というか、味のある人間だと思った。
ただ、合わないなと思った。