鬼婆の作品情報・感想・評価

「鬼婆」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.7
邦画ホラーのレベルが世界最高水準であることを思い知らされる大傑作!
坦々としてるうえに目を背けたくなるような嫌悪感を抱く物語ではありますが、最初から最後まで全く退屈させることなく観客を引き込み続ける素晴らしい作品。

まず、冒頭のシーンが素晴らしい。舞台は南北朝時代。人の全身が隠れてしまうほどの背の高い芒が一面に生い茂った芒が原。命からがら戦場から逃げてきた2人の武士を、芒の影から殺害し追い剥ぎをする2人の女。そして、女たちはそのまま家に帰り何食わぬ顔で飯を頬張りゴロ寝する。非日常と日常を混在させることで、この舞台がいかに異常なのかということ、そしてそれが当たり前となってしまっている恐ろしさを無駄なく的確に伝える手際の良さ。

描かれてるのは、生きるという本能、欲望、他者への嫉妬。そして極限状態のもとでは、生きたいという本能ですら利己的な汚いものへと変貌する。法とか秩序とか人を縛るものを全て取っ払った後に残る純粋な人間そのものを描いた傑作。まさに人間の本質に迫った作品で、サイコホラーの最高峰といっても良いと思います。

凄いのは、乙羽信子と吉村実子の鬼気迫る演技。多用される顔の接写が印象的。人間とは思えない、目力だけで人を殺せるような恐ろしい表情とモノクロ映像が相まって、己の中に潜む鬼を表現している。話し方も暴力的で、他者に対する思いやりを感じさせない。そして甘えるような声色と暴力的な怒号を1つのシーンで瞬時に切り替える乙羽信子の演技力。本当にこういう人なのかと錯覚させてしまうほどに自然。抑えきれない欲望を木にぶつけるシーンなんかは、本能的な嫌悪感を感じさせるほど。

季節は夏なので当然暑いわけです。だから女たちも平気で服を脱ぐ。男と話している時に服がはだけても全く気にしない。眠る時もおっぱいモロ出し。脇毛ボーボー。こういうところからも生きることの必死さというか、生きること以外に気を向けていられない厳しさがわかる。それを演じる2人の女優の本気さが、役そのものが憑依したような鬼気迫る演技に結びついてるんでしょうね。吉村実子は当時19歳なので、本当に覚悟が凄い。

吉村実子が芒が原を駆け抜けるシーンも良い。烏の鳴き声と周りを覆うように生い茂る芒で不気味さを表わすとともにその表情や駆ける勢いで抑えきれない性欲を嫌悪感いっぱいで描いている。

言葉が現代的で違和感あるかもですが、ストーリーの構成としては、ホームインベージョンスリラー。地獄ではあるけど、それでも平穏な生活を続けていた女2人。そこへ戦争に行った顔なじみの若い男が1人帰ってくる。その男の存在が、保たれていた平穏をかき乱して行く。そして、生きるという本能や欲望が水面下で醸成され、鬼として姿を現わす。

それも完全無欠の鬼ではなく、役者の演技や撮り方で、どこか滑稽で矮小な印象をも与えるのがうまい。こういった演出によっても、人間の本質的な醜さや小ささ、愚かさというものが強調されてるのが良いですね。型どおりの恐怖演出でアッと言わせて幕を閉じるのではなく、人間を描くことを最後まで貫き通しているとても丁寧な作品だと思います。こういった表現があるかないかで見終わった後の余韻に大きな違いがあるわけですからね。

これほどまでの傑作なのに、国内ではDVDすら廃盤という酷い扱いをされてるのが疑問。海外ではしっかり評価されてて、あのクライテリオンからBlu-rayが出てるというのに…。
タニー

タニーの感想・評価

3.0
全てが生々しくて野蛮すぎて恐い。

悪い事すると『バチが当たる』って、よく母親が言ってたな。
何よりロケーションがいいんだろうなあ。ぶった切るような終わり方が好き。
な

なの感想・評価

4.1
ひゃ〜〜!!
N

Nの感想・評価

4.5
 殺した落武者から剥ぎ取った武具を売って生きる南北朝時代の土民の生活を生々しく描き、人間の欲や本質に迫る。
 穴や太鼓の轟音、鬼面、芒畑での疾走とラブシーンなど印象的な演出が多く、中でも顔だけを照らす光が良い。乙羽信子さんの鋭い眼つきや演技は、役者としての覚悟を感じさせる。
やま

やまの感想・評価

4.4
もはやスコアなんか僕みたいな素人がつけちゃいけないと思える作品。100分間ひたすら映像にのめり込んでしまった。

性欲、食欲、あらゆる欲にまみれた世界を見せつけられる。
舞台は南北朝時代ということもあり、今のように物に溢れてる時代ではない。だからこそ今も通ずる性欲だとかが際立つ。それに向かって走る姿は生きることのエネルギッシュさも見せられるが同時に怖い。すすきや草木がうごめく感じも怖い。

人を殺してその武具を売りお金にする女とその息子の嫁の二人。冒頭からまるで芥川龍之介の小説「羅生門」を思い出させるかのような不気味なババアと女が死体から武具そして服を脱ぎ取る。

ハチという男と女の愛?と呼ぶべきかの夜中の営みも恐ろしい。性欲を解放して全裸で川沿いを走る姿は芸術とも言える映像だった。
そして自分の生活を台無しにされるかと恐れる婆の行動。結局人間というのは、自分のことしか考えてない欲にまみれた生物だというのを思い知らされた。

インスピレーションも受けるし、同時に忘れられない映像のオンパレードであった。
そして彼らこそ人間であるのは間違いない。
Masa

Masaの感想・評価

4.8
三文役者を観て、新藤監督の過去作品が流れていてタイトルコールの題字と音楽とすすきのバックがド迫力で思わず観てしまった!

凄まじい。
人間の皮を剥ぎ取ったようなおどろおどろしさ。
鬼は人間の心に宿るものなり。
死が背中に張り付いていた時代。
肉を食み、落ち武者を殺し、体を貪り合う。極限状況下で解放されるエロス。
木に抱きついて「アァーン!」
凄いモン観ちゃったよーな気がする(ー ー;)
乙羽信子と吉村実子は思わず製作年度(1964年!)を再確認しちゃうほどの、唖然とするよーな文字通り体当たりの熱演
ほぼ、普通に乳丸出しです、2人とも
息子を戦さで失った母と嫁、そこへ生きて戻ってきた男
嫁と男はお互いを求め合うが、面白くないのは母
最初は嫁の不貞を咎めていると思いきや、実は自分も男が欲しくて堪らない(笑)
やがて落武者を殺し、鬼の面を手に入れると、夜な夜な男と逢い引きに出かける嫁を、鬼の面を被り脅かす
ところが…
後半から終盤はホラーです
えらい事になっちゃいます(汗)
全編、生き物のように蠢く群生した一面のススキの中だけで、3人の男女が繰り広げる欲望と愛憎とセックスの狂乱
臭い物には蓋をしてばかりじゃなかった新藤兼人を初めとした当時の映画人の気概が伝わる一編
>|