幸福(しあわせ)の作品情報・感想・評価

幸福(しあわせ)1964年製作の映画)

LE BONHEUR

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

3.9

「幸福(しあわせ)」に投稿された感想・評価

手をつないで歩く若い夫婦と可愛らしい二人の子供
その反面不穏なカッティングで映されるひまわりに違和感が

可愛いお家とお花とインテリア
奥さんのファッションもおしゃれで旦那さんは優しく、まさに幸福
しかし旦那さんは出会ってしまいます
もう一人の愛する女性と
かと言って奥さんへの愛が薄れることもなく、2人を愛している、ただそれだけのこと
背徳感や罪悪感のカケラもなく非常に牧歌的な不倫が続きます

映画冒頭を思わせるラストシーンは女性にとって胸糞そのものでした
男の人の欲望的幸福論なのかな
皮肉たっぷりなタイトルでした
ko

koの感想・評価

2.0
不良
ぺ

ぺの感想・評価

3.5
何を持って幸せとするのか。
画面に映ってるのは紛れもなく幸福の風景なのだが何かが違う。

ジャケやタイトルからは想像もつかないぞっとする不思議な映画でした。
green

greenの感想・評価

3.5
"妻は植物でエミリーは自由な動物”とか言ってるんですけど。みんな本当にしあわせなの?少なくても元奥さんは小さな子供2人残して不幸に思うけど。
18/292
tukino

tukinoの感想・評価

4.6
64年の作品とは思えない程の画の美しさ。意識と視点の行方に奥行きを感じさせる焦点のずらし、ジャンプカットが生み出す絵画的な美と悲哀。
フェミニストである監督が紡ぐ夫のエゴへの痛烈な皮肉と幸せの在り方。終始描かれる満ち足りた「幸福」な家族の姿は、その僅かな隙間に生まれた醜悪な残酷性を綺麗に包み隠す。
幸せな家族の風景の中で妻が良妻賢母として夫の幸せを願い、夫の自己防衛的とも言える欺瞞と終始疚しさを排除させた残酷性に潜む狂気をフェミニズム的な今作が美しい映像と共に深く抉り出す。
季節は移り行き、ヒマワリの風景は紅葉の秋景色に変わる。ヒマワリが「愛慕」の意味を持つことに対し、紅葉は過ぎ行く幸せを象徴する「大切な思い出」「美しい変化」という意味合いがある事にどうしたって皮肉を感じる。
果歩

果歩の感想・評価

3.9
映像は好き。映し方も好き。でも幸せじゃない!!!後半!!妻の立場でしかみられへんフランソワがクソすぎ幸福ってなにもう寧ろ怖い後半なぜ皆あんな笑顔で幸せそうに普通に生活できるのか。苦しい映画や
かーく

かーくの感想・評価

3.8

カラフルで幸せいっぱいの演出。ただラストシーンは男としてガクブルもの。浮気はダメだね。幸福な気持ちの魔力、そして死。人生は複雑で奥深い
登場人物みんなをばかにしてるような(ように見えた)映画だった(笑)
てか途中男まじうざかった(笑)最後の音楽怖かった😨
白

白の感想・評価

4.5
自然の美しさや人間の官能さが混沌と活写される画面が男性原理支配下における女性の従属的立場を皮肉に匂わす。交換可能とされた女性性の叫びは死を通して声を得るも、その痛々しさはエゴイズムによって配置された新しい「幸福」が忘れさせてしまう。原色フェイドやジャンプカットの多用が、メッセージとは裏腹に静かで穏やかに展開する物語を良く異化している。モーツァルトで彩られる満ち足りた家族や爛漫に花咲く自然の潤いの描写が、多幸感が横溢する光に照射され、それが一貫して円環的に継続される点が面白い。
ぱさお

ぱさおの感想・評価

4.2
2018.9.5 U-NEXT
>|