ルパン三世 ルパンVS複製人間の作品情報・感想・評価

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」に投稿された感想・評価

《マモーの巨大な陰謀》

(あらすじ)

ルパンが処刑された事実を信じられなかった銭形警部は、ルパンの遺体を確認しに墓地に向かう。しかし、銭形警部は棺桶の中のルパンにとどめを刺した瞬間、ルパンの遺体は大爆発。そして銭形警部の目の前に爆発したはずのルパンが現れる。
ルパンは銭形警部を軽くあしらって逃亡。そしてルパンは次元と五エ門と共にエジプトのピラミッドへと向かい、賢者の石を盗み出した。
賢者の石は謎の男・マモーも狙っていて、峰不二子に永遠の美を約束して賢者の石を盗み出すことを依頼する。この賢者の石を巡り、ルパン一味とマモー、銭形警部も巻き込んだ陰謀が繰り広げられる。

(感想)

1978年の映画とは思えない完成度の高い作品。

40年も前のアニメーション映画なのにラグが殆どないことに驚いた。
キャラクターがスムーズに動いてること、表情が豊かで実際に演じてるように見せていること、特にマモーの最後の炎の描写がリアルで幼い頃から脳裏に焼き付いてる思い出があった。

そしてストーリーもかなり練ってある。少し今と比べたら大人向けの内容や描写が多いが、流石ルパンの原点だなと思わせてくれるような作品だ。

更にあのマモーという不気味な存在感がある敵キャラクター。きっとルパン史に残る一番印象的なてキャラであることは間違いない。
この映画がキッカケで友達のあだ名がマモーになったことも思い出した(顔が似てるからじゃないけどw)

モンキーパンチさんは最高の作品たちを生み出し、日本のアニメーションを世界に羽ばたかせてくれました。その功績は日本の誇りだと思います。どうか安らかにお眠りください。
過去鑑賞記録

ヨーダみたいと思いながらずっと観てたな
M

Mの感想・評価

3.7
記録用。
銭

銭の感想・評価

1.1

このレビューはネタバレを含みます

俺世代にはキツイ
Alejandro

Alejandroの感想・評価

4.7
これが1978年ってほんと凄いと思う。。。

ルパンというか普通にSF傑作
ふうか

ふうかの感想・評価

3.6
不二子はやばい女
土門

土門の感想・評価

3.3
連投すみません
>|