USK

オーロラの彼方へのUSKのレビュー・感想・評価

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)
4.3
超泣ける話と思いきや、SFサスペンスアクションでした!
死んだはずの父(過去)と大人になった息子(未来)が古い無線機で繋がりあい、ある事件の解明とともに未来を変えていくという物語。
とにかく脚本が巧い。火事で死ぬ事になる父に火事がおこる事を知らせ結果生き延びたのに未来では生きてない。ちゃんと火事以外の展開をぶっこんでくるのは流石です。

未来と過去どちらの主人公にも感情移入できるからラスト感動が二倍です!