ragii

オーロラの彼方へのragiiのレビュー・感想・評価

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)
4.6
内容や予告だけ観ると普通の感動作なんですが、タイムパラドックスを使い、良い意味で裏切ってくれます。

出ている俳優さん達は、それほどメジャーな人達ではありませんが、演技は抜群に巧くて、物語に没頭するのも容易にさせてくれます。

特に、ジェームズ・カヴィーゼルとデニス・クエイドは絶品で、職人のような雰囲気さえ感じさせられます。

ストーリーも凝っていて、心温まるシーンはもちろんサスペンス要素もたっぷりでドキドキもさせられて最後まで見所たっぷりの内容になっています。

父親に言えなかった事、父親が言えなかった事、言葉がなくても伝わっている事・・・。

僕の中ではずす事のできない名作の1つです。