どーもキューブ

フォレスト・ガンプ/一期一会のどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ロバートゼメキスのアメリカの歴史走者ガンプ


アカデミー作品賞受賞。

アメリカではめちゃんこヒット。

ロバートゼメキス監督、トムハンクス主演。

すっかり演技派大御所。僕の中でわ

「ビッグ」と「パンチライン」「スプラッシュ」

のトムのイメージが抜けない。

ナチュラル系物語。

ガンプという足が弱い男の子の走って、頑張るドラマ。

ゼメキスのファーストシーンの長廻し羽のCGは、

「コンタクト」でも使われる(瞳)

日本人がみても、ピンとなかなかこないが、

さながらアメリカンヒストリーをたどるノスタルジックガンプ。

ゲーリーシニーズの妙に可笑しい助演。

チョコレートのたとえもイマイチ微妙に心に残る。

ランランラーンガーンプ!

 2009年1月14日 レビュー

追記
アカデミー賞受賞でメガヒット記録。原作本も日本では、ベストセラーになりました。

「バックトゥザフューチャー」三部作と本作によって、より作りたい物を作る環境を手に入れたかのようなゼメキス。

以後「一人で頑張る」映画シリーズ
「キャストアウェイ」
「ザフライト」
「ザロープ」最新作

につながるのかなと思ってます。

トムハンクスも演技派に転向し、でこぼこしたガンプを激走します。