さかい

スパイダーマン2のさかいのレビュー・感想・評価

スパイダーマン2(2004年製作の映画)
4.5
冒頭のバイトのくだりからひたすらツラい
劇場は…まあ仕方ないね、開演後に入られるのはホント興がそがれるし迷惑だからね。

胸をうつ場面は数おおく、ヒーローの悩み・孤独・覚悟といったテーマ性の掘り下げは改めてみても名作で、
スパイダーマンシリーズに限らずアメコミ映画に限らず、ヒーローなる存在を主題とするあらゆる作品の中でも最高峰。


…ながら、ピーターのツラさが伝わる、いいカタルシスを生む場面だけでなく、単にみててストレスな時間帯もなかなか多かった
もちろんあいつもただのいい子に描くのはた易いけど製作者にはそれなりの意図があるのだとは思うが…やっぱりあいつだけは何とかならんかなと思わざるをえなかった。
ラストとか、特に非のない人がワリを食うああいう話が本当にいやで、ヴェノム映画の1と2でもずっとそれ心配して観てた
(なお編集長も汚れ役だけど個人的にはさほど悪くない。正体不明の存在をヒーローだ英雄だと囃し立てるより報道家として健全)




ぜんぶ復習したかったけど時間切れ!ノーウェイホーム行く!