ayumi

魚影の群れのayumiのネタバレレビュー・内容・結末

魚影の群れ(1983年製作の映画)
4.2

このレビューはネタバレを含みます

すごい

やっぱりすごい

日本映画の金字塔といっていい作品

前に観たときは作品公開の二年後に夭逝した夏目雅子に目が行ったけれど、今回は十朱幸代、緒形拳の演技を超えた演技を余すところなく伝えるスタッフの情熱が画面からほとばしっているのを目の当たりにした

「今」の「日本」では撮れないとも言われる名作

相米監督の長回し、演技が固まるまでの60回とも70回とも言われるリハーサル、実際に夜を徹して撮影されたワンシーン…それはあくまでプロセスであって結果そのものではない

キャスト、スタッフが想いを作品として体現しているからこそ伝わるもの

「鬼気迫る」だけではなくて、一見場違いなシーンで見せる緒形拳の邪気のない薄笑いがこの作品のクオリティの象徴のように思える