ばお

ゴジラのばおのレビュー・感想・評価

ゴジラ(1954年製作の映画)
4.5
シン・ゴジラを見たからには、やはり初代も改めて見ておかねば…ということで。

まずオープニング。誰もが知っているゴジラのテーマ曲に圧倒された。近くにゴジラの足音が聞こえてくるような感覚を味わうほどの迫力。

シン・ゴジラがゴジラが現れたことにより日本人が協力し戦うエンタメよりな作品であるのに対し、こちらは核兵器・そして戦争のメタファーとして現れたゴジラに対する人々の恐怖がビンビン感じられる戦争映画であった。

この映画は反核という強いメッセージが含まれている。ゴジラをただの破壊者とするのではなく、水爆の被害者としてのゴジラ。最後にゴジラが海中に沈んでいく時、主要キャストは誰も喜ばない。ゴジラとは決して人類の敵ではなく人類が産み落とした存在として描かれていた。このラストシーンはとにかく素晴らしかった。