ヤスヤス

ゴジラのヤスヤスのレビュー・感想・評価

ゴジラ(1954年製作の映画)
4.0
観たつもりになっていたが、よく考えたら初鑑賞。特撮部分は、さすがに時代を感じるが、モノクロの映像に効果音や音楽が相まって、なかなかの迫力。
後の娯楽志向の作品群とは、一線を画す、伝説の誕生にふさわしい作品だった。
また、志村喬の存在だけで、作品に重みを感じる。同じ年に「七人の侍」と本作に出演している志村喬の振り幅の大きさも面白い。
公開された年は、敗戦から10年も経っておらず、戦争や原爆に対する記憶も生々しい時代。ビキニ環礁での核実験と同時代であったことも考えると、当時、本作を観た人々の意識は、現在とは相当違ったものであったことが想像される。そういう意味では、「シン・ゴジラ」が「3.11」を想起させる設定となったことは、必然に思えた。