「ゴジラ」に投稿された感想・レビュー

抹茶マラカス
抹茶マラカスの感想・レビュー
2016/09/08
4.0
特撮技術は今に劣るし、突っ込みどころもあるものの、無からこれを生み出したと思うと凄まじいものがある。
らげんと
らげんとの感想・レビュー
9時間
3.2
記念すべきゴジラ第一作目。とはいえ、続編など全く考えていなかったようで、東京が壊滅寸前に至るまで大暴れしたゴジラが終盤に芹沢博士の生み出した水中酸素破壊剤というトンデモ発明品によって白骨化して死んでしまう。
色々ツッコみドコロはテンコ盛りなんだけど、訳もなく (?) 暴れまくるゴジラの姿を意味もなく水爆実験を繰り返す某国に例えたり、その被害者に向けたガイガーカウンターが鳴り止まない情景など、水爆実験反対をストレートに描き出している。
表現が稚拙だったり、ゴジラが初登場したシーンで思わず「ぶさいく」と微笑ましく感じないではいられなかったトコロはご愛嬌ながら、名作であるコトには疑いの余地ナシ……?
レミ
レミの感想・レビュー
14時間
3.2
きろく
めい
めいの感想・レビュー
1日
4.0
シンゴジラは震災後の日本
初代 ゴジラは戦後の日本
って感じだったな〜〜
映像技術は劣るけど、考えさせられる
柏エシディシ
柏エシディシの感想・レビュー
1日
3.0
キネマ旬報シアターさんの音感上映にて鑑賞。
館内展示も手作り感あり、素敵な企画でした。

多分、スクリーン初鑑賞。たぶんと言うのは、物心つく前から、東宝や大映の特撮映画やSF洋画を父親に連れられて劇場やVHSで観せられまくっていた為、この辺の記憶があやふや。どの様な出会いであったのかは定かではないのです。(ある意味理想の出会いだったのかも)
子供心には、その後悪役怪獣と凌ぎを削る「ヒーロー」怪獣としてのゴジラやガメラの方が好きで、モノクロームの画面に不気味に浮かび上がる、老若男女容赦無く踏み潰し、東京の街を焼き尽くす初代ゴジラはとても怖かった事だけは憶えているのです。

1954年の誕生以来、世界中に与えてきた衝撃と文化的影響力を改めて語るなんて野暮にすぎますが、戦後日本が抱えていた不安や憤りが刻印された作品のテーマ性や、それがもたらすエンターテイメントを加速させる効果は「シン・ゴジラ」という作品を経験して、逆説的に改めて明瞭になったかな、と。

芹沢博士の科学者としての矜持と葛藤、三角関係のドラマの見せ方は、改めて観るとあまりにもあっさりしている様に感じましたが、彼の翻意を女学生の唱歌をきっかけにする演出は好きなシーン。
あと、やっぱりテレビ塔の「みなさん、さようなら」ね。後年、半ばパロディ化してますけれど、それぐらいインパクトがあるって事だと思う。鬼気迫っていて凄い。
nobu1002
nobu1002の感想・レビュー
2日
3.8
シンゴジラの後に見たので、初代ゴジラの素晴らしさに圧倒された
いとそ
いとその感想・レビュー
2日
3.6
オキシジェン・デストロイヤーを巡る終盤のやり取りが重たい。まさに冷戦下の世界情勢を反映したものになっている

ゴジラの動きや建物の壊れ方などに古さは感じるものの、火の海と化した東京の街に佇むゴジラの影の美しさは見事としか言いようがない
えび
えびの感想・レビュー
5日
4.2
授業で鑑賞
これから半期間この戦争映画を研究します。
>|